更新日:2019年9月26日

ここから本文です。

穴切神社蹴裂明神

(日本伝説集 山中共古先生の報告より)

甲斐甲府の地は、昔、一面の湖水であって、冷たい水の面が、富士の頂きを逆様に映していた。

地蔵菩薩がこの土地の様子を見て、
「この水を除けて、陸地を造ったら、人も住まれよう、畑も出来よう、どうにか成らぬものか」と二人の神様に相談をされる。

神様たちはこれを聞いて、「いかにも道理」と賛成して、一人の神様が山の端を蹴破って、今一人の神様が山を切り穴を開けて、その処に一条の水路を開いて、大湖水の水を今の富士川へ落とさせる。

それを見た不動尊は、引っ込んではいられぬと、これも川瀬を造られる。この二仏二神のおかげで、甲府の土地は現われたのである。

山を切り穴をあけられた神は今、甲府の西に、穴切神社としてまつられ、山を蹴破られた神は、蹴裂明神として知られている。

瀬立不動が川瀬を造った不動様で、今、甲府の東光寺にある稲積地蔵というのが、はじめに云いだした地蔵様である。もとは、法城寺に在ったのを、後に東光寺に移したのである。その証拠には、法城の二つの文字は、水を去り土を成すと読まれるではないか。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る