ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 市長のページ > 市長の所信表明 > 令和2年度市政運営に関する市長の所信表明 > 「安全で安心して健やかに暮らせるまちをつくる」

更新日:2020年3月23日

ここから本文です。

「安全で安心して健やかに暮らせるまちをつくる」

次に、「安全で安心して健やかに暮らせるまちをつくる」に関わる取組であります。

防災・危機管理対策の推進につきましては、災害に強いまちづくりを進めるため、液体ミルクや災害時貸出用等のスコップを新たに備蓄することをはじめ、非常用食糧や防災資機材の備蓄拡充に取り組むとともに、地域防災力の要となる防災リーダーのフォローアップを図るほか、防災士の資格取得を支援することにより、災害に対する市民意識の高揚や自助・共助・公助の連携を図り、地域防災力の強化に努めてまいります。
また、市内小中学生を対象とした防災教育に引き続き取り組んでまいります。

消防・救急体制の充実につきましては、消防分団本部拠点施設を新たに整備するとともに、消防団の車両・資機材の更新や消火栓・耐震性貯水槽などの消防水利を年次的に整備することにより、消防力の充実・強化を図ってまいります。

防犯・交通安全対策の充実につきましては、自治会が所有する防犯街路灯の新設・維持管理等への助成を行うことにより、街頭犯罪を抑止し、安全で明るい地域社会の形成に努めてまいります。
また、新入学児童への防犯ブザーの配付や、マモルメールによる情報発信を行うほか、子どもたちを犯罪から守り、保護者の方に安心してもらうため、新たにすべての市立小中学校に防犯カメラを設置してまいります。
更に、交通安全教室の開催や反射材の配布等を行い、市民一人ひとりの交通安全意識の高揚を図るとともに、カーブミラーの設置や補修などの交通安全施設の整備充実を図ってまいります。
加えて、社会問題となっている高齢者の交通事故を防止するための啓発を強化するなど、交通事故の抑制に努めてまいります。

消費者保護の推進につきましては、身近な生活の中で高齢者への声かけ活動等を行い、異変が見られた際に相談機関へ繋ぐなどの役割を果たす「消費者見守りサポーター」の育成強化を図るとともに、消費者安全確保地域協議会との連携を深める中で、消費者被害に遭いやすい高齢者等の見守り体制の強化に取り組んでまいります。
また、様々な消費者トラブルの発生に対応し、消費者被害を防ぐため、専門知識を有する消費生活相談員による相談対応や出前講座を通じて、消費者の安全な暮らしの保護に努めてまいります。

地域福祉の推進につきましては、自助・共助・公助を適切に効果的に展開させるため、本市の保健福祉施策に関わる総合的な計画である「第4次健やかいきいき甲府プラン」に基づく個別計画を推進するとともに、支え合う地域共生社会の実現に向けて、保健・医療・福祉をはじめとする各分野の連携・協働の推進を図ってまいります。

高齢者福祉の充実につきましては、高齢者の保健福祉の推進全般と介護保険を運営するための「甲府市高齢者支援計画」について見直しを行うとともに、高齢者の自立した生活を支援するため、多様な主体が参画する通いの場の創出や家事援助など、高齢者を地域で支え合う日常生活の支援を行うほか、フレイル予防や介護予防の事業を継続的に推進し、高齢者がいつまでも健康で生きがいを持って生活できるよう、地域包括ケア体制の推進に取り組んでまいります。
また、「甲府市成年後見制度利用促進基本計画」に基づき、認知症の方などが住み慣れた地域で生活を続けることができるよう、成年後見制度の利用促進や権利擁護の支援に向けた取組などを行ってまいります。

障がい者福祉の充実につきましては、障がい者施策全般に関わる基本的な方針や必要なサービスを確保するための「甲府市障がい者福祉計画」について見直しを行うとともに、障がい者が個人としての尊厳にふさわしい日常生活や社会生活を営むことができるよう、自立支援サービスや障害児通所支援サービス等の各種障がい福祉サービスの提供や、重度心身障がい者への医療費助成を行ってまいります。
また、障がい者が希望する地域で安心して暮らせる環境づくりに向け、引き続き地域生活支援拠点事業の充実を図るとともに、身体障害者手帳の交付に係る手続きの迅速化など、質の高い行政サービスの提供に努めてまいります。

社会保障の充実につきましては、「第2期甲府市国民健康保険データヘルス計画」に基づき、効果的な保健事業を実施することにより、市民の健康の保持増進を図り、医療費の適正化に繋げるとともに、国民健康保険の安定的な財政運営を図るため、保険料の収納率向上に努めてまいります。
また、生活困窮者への支援として、自立相談支援員を配置し、丁寧な相談支援を行うとともに、困窮状態から早期に脱却できるよう、住宅確保給付金の支給や家計改善の支援など世帯の実情に配慮した適切な支援に努めてまいります。

健康づくりの推進につきましては、「健康都市宣言」の考えに基づき、市民一人ひとりが、地域との繋がりを深める中で自らの健康意識を高め、健康づくりに取り組むことで健康寿命の延伸が図れるよう、新たに健康に関する正しい知識や情報を伝え広げていく取組をはじめ、被保護者への健康管理の支援や集団健診におけるオプトアウト方式の導入など健診受診率の向上のための新たな取組を展開してまいります。
また、感染症対策については、甲府市健康支援センターを拠点として、新型インフルエンザや新型コロナウイルス感染症等の発生を想定した体制整備をはじめとする感染症の予防とまん延防止の対策に取り組むとともに、感染症患者に適切な医療を提供するための医療費の公費負担及びDOTS支援員の配置による結核患者の支援の拡充を図るなど、市民の健康と安全の確保に努めてまいります。
更に、介護保険制度を利用できない40歳未満の若年層の終末期のがん患者に対する在宅ターミナルケアの支援として、訪問介護等のサービスに係る費用を助成してまいります。
加えて、母子保健については、妊産婦及び乳幼児の健康保持・増進を図るため、保健指導や健康診査等を実施するとともに、特定不妊治療費の助成や新たに人工授精を対象とする一般不妊治療費の助成を行い、子どもを産み育てたいと願う方々を応援してまいります。

医療環境の充実につきましては、甲府市地域医療センターにおける救急医療センター、歯科救急センター、救急調剤薬局の運営に対して支援を行うとともに、休日昼間の在宅当番医制を実施して、市民が安心して医療を受けられる体制を確保してまいります。
また、地域医療の中核を担う市立甲府病院において、医療需要を踏まえる中で、二次医療圏で不足する医療に対して積極的な対応を行うとともに、更なる経営改革を推し進める中で、安定的な経営基盤の確立に努めてまいります。
更に、甲府市健康支援センターにおいて、市民の医療に関する相談への対応や病院及び診療所に対する検査・研修を実施するなど、医療安全の推進と住民の医療に対する信頼の確保に努めるとともに、薬局開設や医薬品販売業の許可申請の審査や薬剤師に係る研修の実施など、薬剤師の資質向上と業務の適正化に取り組んでまいります。

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

企画総室企画課企画係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎6階)

電話番号:055-237-5289

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る