ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 市長のページ > 市長の所信表明 > 令和2年度市政運営に関する市長の所信表明 > 主な事業の概要「いきいきと輝く人を育むまちをつくる」

更新日:2020年3月23日

ここから本文です。

主な事業の概要「いきいきと輝く人を育むまちをつくる」

この当初予算の概要につきまして、「第六次甲府市総合計画」の基本目標別に、ご説明申し上げます。

まず、「いきいきと輝く人を育むまちをつくる」に関わる取組であります。

子ども・子育てへの支援につきましては、家庭や地域、民間団体等と連携・協働し、子どもが自ら育つことを応援する、「甲府市子ども未来応援条例」を制定し、子育ち施策をより積極的に推進する中、本市の未来を担う子どもの成長を応援する社会の実現を目指してまいります。
また、子どもが運動遊びに夢中になる環境整備として「屋内運動遊び場」を創出するとともに、子どもの興味や関心を引き出しながら、運動遊びをリードしていく、プレイリーダーの育成や親子イベント等の充実を図り、子どもの運動能力の向上と豊かな心と健やかな体の成長に繋げてまいります。
更に、子育て世代包括支援センターにおいて、妊娠期から子育て期までの切れ目のない支援を推進するため、マイ保健師制度による一人ひとりに寄り添った相談支援を行うとともに、子ども相談センター「おひさま」においては、子育てに関する各種相談体制の充実に努めてまいります。
放課後児童クラブについては、利用希望者が増加傾向にあることから、放課後児童支援員の確保や民間委託などにより、受入児童の拡充を図ってまいります。

学校教育の充実につきましては、世界で活躍できる人材を育成するため、外国人英語指導講師を増員し外国語教育の充実を図るとともに、小中学校及び甲府商業高等学校の高速大容量通信ネットワークの整備による、タブレットパソコンの活用を推進し、子どもたちの学習意欲の向上と質の高い学びの場を創造してまいります。
また、きめ細かな指導により教育環境の安定化を図るため、臨時教育職員を小学校に配置するとともに、特別支援教育支援員や教育支援ボランティアの活用などにより、児童生徒の健全育成と学力向上に努めてまいります。
更に、子どもたちの安全・安心な学校生活の確保に向けては、専門的知識を有するスクールソーシャルワーカー等を小中学校に派遣し、問題を抱える児童生徒や家庭を支援するとともに、学校給食については、衛生管理の更なる徹底を図るほか、通学路の安全確保に向けては、関係機関と連携した安全点検はもとより、城南中学校における通学橋の耐震補強工事を実施してまいります。
加えて、リニア中央新幹線の整備に伴う中道北小学校の移転については、令和3年度の開校に向け、校舎等の建設工事を着実に進めるとともに、県産材を活用した児童用の机やいすに更新するなど、教育環境の整備に努めてまいります。
甲府商業高等学校については、地域に貢献できる有為な人材の育成を図るため、学習と部活動の両立を目指す中で、各種資格の取得を目標とした学力の定着や、部活動を通した健全な心身の育成を図ってまいります。
甲府商科専門学校については、新たに高等教育の修学支援新制度の対象校として、授業料等の経済的負担を軽減するとともに、「職業実践専門課程」の認定校として、グローバル化や情報化に対応した地場企業に貢献できる人材を育成してまいります。

青少年の健全育成につきましては、青少年が社会性や自立性を身に付け、責任を持って行動できる社会人となるよう、関係機関との連携に努め、学校・家庭・地域と一体となって取り組んでまいります。
また、子どもが市政やまちづくりに主体的に関心を持ち、子どもの夢や願いが、本市の未来に繋がるよう、子どもの意見を受け止める機会を設ける中で、将来の本市を支えていく担い手の育成や郷土愛の醸成に繋げてまいります。

生涯学習の充実につきましては、「甲府市生涯学習ビジョン」に基づき、各種事業を推進するとともに、市ホームページ上の特設サイトにより、官民問わず市民の生きがいに繋がる各種セミナー等の情報を提供する中で、市民一人ひとりの生涯学習への参加や、社会との繋がりを深める環境づくりを支援してまいります。
また、生涯学習の情報拠点施設である市立図書館については、多様化する利用者ニーズに応えるため、レファレンスサービスや蔵書整備など図書館機能の充実に努めるとともに、市立図書館と学校図書館のシステムネットワークを有効活用した読書活動の推進など、子どもたちに幅広い読書の機会の提供と支援を行ってまいります。

スポーツの振興につきましては、誰もが生涯にわたりスポーツに親しむことができるよう、ライフスポーツの普及・促進を図る中で、市民の健康づくりを推進するほか、緑が丘スポーツ公園において、新環状・緑が丘アクセス線の整備に関連する野球場やテニスコートなどの整備に伴う実施設計に着手してまいります。
また、東京2020オリンピックの開催にあたり、卓球とレスリングのフランス代表チームの事前合宿を受け入れ、ホストタウン交流を一層推進するとともに、子どもたちが世界的なスポーツの祭典を間近で観戦できる機会を創出するなど、多くの人が夢と感動に触れられる事業を展開してまいります。
更に、地域密着型スポーツを振興する観点から、ヴァンフォーレ甲府と山梨クィーンビーズを応援してまいります。

文化・芸術の振興につきましては、市民が身近に親しむことで、豊かな感性を育むことができるよう、優れた文化・芸術に接する機会の提供などに努めてまいります。
また、本市の貴重な資源である文化財を有効活用するため「甲府市文化財保存活用地域計画」を策定するとともに、日本を代表する城郭等に選定されている築城500年を迎える要害山城をはじめ甲府城、武田氏館の本市三名城を国内外へ広く発信する中で、周遊マップの作成やフットパスツアーの開催など観光を含めた活用を図るほか、信玄ミュージアムにおいて、歴史・文化・伝統を市民や来訪者に伝えるなど、本市の魅力の伝承と発信に努めてまいります。

人権尊重・男女共同参画の推進につきましては、関係機関と連携した啓発活動を実施するほか、LGBTメッセージ展等を通じて、人権について考える機会を提供するなど、誰もが住みよい豊かな社会の実現に向けて取り組んでまいります。
また、女性の起業等を応援するためのセミナーの開催や、女性の視点を活かしたまちづくりに向けて、様々な分野で活躍する女性たちが集まり、交流や意見交換を行う機会を提供するなど、男女が共に支え合い、その個性と能力を発揮できる社会の形成に向けた環境づくりを推進してまいります。
更に、「日本女性会議2021in甲府」については、プレ大会の開催など、成功に向けた準備を着実に進めていく中で、大会テーマである「未来へつなぐまちづくりは人づくり~甲斐の国からともに~」のもと、地域社会全体の男女共同参画意識の更なる醸成に繋げるとともに、女性が活きいきと活躍できるまちづくりを推進してまいります。

国際交流・多文化共生の推進につきましては、中高生の友好都市派遣・受入による教育交流を図るとともに、国際交流員が、海外をターゲットにSNS等を活用して甲府の魅力を世界に発信していくほか、学校や地域に出向き、子どもたちをはじめとした市民に対して、海外の歴史や文化、習慣の違いを伝える出前講座等を開催するなど、多様な機会を通じて積極的に交流を深め、国際性豊かな人材の育成や国際交流による地域社会の活性化に取り組んでまいります。
また、「甲府市多文化共生推進計画」に基づき、外国人への日本語講座や文化の体験等を通じて、国籍を問わず、市民一人ひとりがお互いの文化の違いを尊重しつつ、相互理解を深め合える地域づくりを推進するとともに、引き続き多文化共生社会の実現を目指し、次期「甲府市多文化共生推進計画」を策定してまいります。

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

企画総室企画課企画係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎6階)

電話番号:055-237-5289

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る