ホーム > お問い合わせフォーム一覧 > よくある質問 > 保険・年金 > 国民年金 > 国民年金の保険料を納められないのですが、何か制度はありますか?

更新日:2022年7月21日

ここから本文です。

国民年金の保険料を納められないのですが、何か制度はありますか?

質問

国民年金の保険料を納められないのですが、何か制度はありますか?

回答

国民年金の第1号被保険者の方で保険料を納めることが困難な場合には、申請して承認を受けると保険料の「全額」または「一部(4分の3・半額・4分の1)」が免除になる制度があります。
免除の審査は、申請者本人・配偶者・世帯主それぞれの前年中の所得にもとづいて行われます。所得基準は以下の通りです。(令和4年度申請の場合)

・全額免除の所得基準
(扶養親族等の数+1)×35万円+32万円
・4分の3免除
88万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等
・半額免除
128万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等
・4分の1免除
168万円+扶養親族等控除額+社会保険料控除額等

また、50歳未満の方は、全額免除、一部免除以外に、保険料の納付が全額猶予される「納付猶予制度」を選ぶこともできます。
所得基準は全額免除と同じですが、納付猶予制度は、世帯主の所得に関係なく、本人と配偶者の所得のみが所得審査の対象となります。
手続きは、市民課国民年金係で手続き可能です。

注意

免除・納付猶予の承認期間は、7月から翌年の6月までとなります。
ただし、過去2年1か月に未納がある場合、遡って免除申請が可能となります。

お問い合わせ

市民課国民年金係 電話055-237-5385

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る