更新日:2021年3月12日

  • 庁舎案内
  • よっちゃばれ!甲府の魅力、大集合!大好き!こうふ市

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

第12回甲府市地域自立支援協議会全体会

第12回甲府市地域自立支援協議会全体会議事録

議事録(ワード:71KB)議事録(PDF:344KB)議事録spコード(ワード:130KB)

 

開催日時:平成25年8月30日(金曜日)午後2時~

場所:甲府市障害者センター2階会議室

 

出席委員:渡辺花子委員、原田喜久男委員、山田修委員、岡村昌典委員、保坂辰男委員、

久保和也委員、河野一郎委員、三枝正委員、野口博文委員、中村雅子委員、

佐藤健委員、木村定則委員、小澤恵美委員、矢野利香委員、市瀬實委員、

山本美枝委員、浅原浩二委員、高山理恵委員、

萩原優委員、山口和美委員、手塚茂子委員代理→雨宮係長(順不同)

オブザーバー:出口幸英中北圏域マネージャー

公開会議による傍聴者6名

福祉部:長田部長長寿支援室:戸澤室長

事務局:障害福祉課:石原課長、原田係長、村山係長、赤池主事、廣野相談員、山口相談員

千野定例会会長

相談支援事業所:丸茂相談員(すみよし生活支援センター)

名執相談員(サポートプラザ山の手)

後屋敷相談員・山平相談員(甲府市障害者センター相談室あんず)

野澤相談員(相談支援事業所ヴィーヴィ)

司会:福祉部長寿支援室障害福祉課石原課長

議長:山梨県立大学准教授川池智子全体会会長

 

次第

1.はじめのことば

2.会長あいさつ

3.室長あいさつ

4.議事

(1)相談支援事業所の事業評価

(2)定例会の報告について

(3)専門部会の報告について

1.相談支援体制プロジェクト部会

2.入浴プロジェクト部会

(4)その他

5.おわりのことば

 

全体会会長あいさつ

 

福祉部長あいさつ

 

本日の会議は、委員定数32名の内、現在22名が出席。

同設置要綱第6の第3項の規定により、過半数以上の出席で成立していることを報告。

本日の会議は、甲府市附属機関等の会議の公開に関する基準に基づき公開しており、本日は6名が傍聴していることを了承願う。

 

議題

設置要綱第6の1項の規定により、会長に議長をお願いする。

 

 

(1)相談支援事業所の事業評価

資料1「【障害者委託相談支援事業実施状況報告書】(平成24年度)」

資料2「甲府市委託相談支援事業所自己評価(平成24年度)」

「甲府市相談支援事業の評価について(平成24年度)」

各事業所、甲府市障害福祉課が、資料の通り報告。

<質疑応答・意見>

委員:資料1の相談支援を利用している障害者等の人数の障害児について、就学前、就学後の数、また就学前の重心児の数が分かれば教えていただきたい。

委託相談支援事業所相談員:内訳数は出しているが、本日手元に無く返答できない。事業所に戻ってから、後日連絡する。

委託相談支援事業所相談員:未就学児は4名。その内重度心身障害児は1名であった。

会長:就学前の相談については、相談支援事業所ではまだまだ数が少ない。つつじが崎学園では就学前児童の相談を行なっていると思う。就学前児童の相談については知られていないことが多いため、紹介をしてもらいたい。

委員:当園は、甲府市内の障害児相談支援事業者であり、現在計画相談を行なっている。報告にもあったように、限られた人材の中で多岐に亘って仕事をしているため、委託相談支援事業所同様大変な苦労がある。委託の場合は安定した財源があるが、指定の場合は計画相談数によるため人件費にもならず、計画相談の必要性は理解しているが厳しい状況ではある。しかし、計画相談を行なうことで、保護者の意見を聴取、また代弁したり、利用する事業所に対して客観的に意見することができ、全体的な資質向上になっている。相談支援専門員の苦労はあるが、利用者や障害福祉向上のためには期待ができるものだと思っている。

委員:今更ながらだが、委託相談と指定特定の違いが分かり難い。例えば、委託相談支援事業所が受けた相談がそこで解決したのか、また関係機関への繋ぎがどのようにされたのか、そのようなことも報告をして欲しい。

会長:委託相談支援事業所の人とは連絡会議をしているが、指定相談事業所との連携、ネットワーク構築はこれからになるのか。

相談支援事業所:今はつつじが崎学園やいずみ園が計画相談を行なっているため、未就学児に関してはそちらに相談にいくことが多いだろう。両園が計画相談を行なう前は、委託相談支援事業所がそれぞれの事業所を訪問して連携を取ってきた。

委員:今の答えの中では、計画相談を行なっている所に相談するということなのか。家族や当事者からすると、計画相談をしているしていないではなく、どの委託相談支援事業所にも相談できるようであって欲しい。

相談支援事業所:もちろん、そうです。計画相談ありきではなく、何でも相談して欲しい。市役所、委託相談支援事業所、どちらに相談してもらっても良い。しかし、そこですべて解決できる訳ではないので、しっかり相談を受け、訪問したり、必要な所に繋げる対応をしたいと思う。

 

 

(2)定例会の報告について

資料3「甲府市地域自立支援協議会定例会実施状況(H24.4~H25.7)」

定例会会長より、平成24年5月から平成25年7月開催までの中で、特に取り上げる事項について報告する。

資料2頁

平成24年7月定例会

2.専門部会の報告(3)精神障害者の移動に関するアンケート部会について

精神障害者の方が公共交通機関の割引制度の対象になっていないため、移動に関するアンケートを平成22年度に行なった。これについては、富士東部圏域の自立支援協議会と連動し、平成23年7月に県に要望した。その成果として、平成24年3月策定の「やまなし障害者プラン2012」に資料にある内容が盛り込まれた。しかし、即割引には結びつく訳ではない。景気の問題もある中、バス会社が割引等に踏み切れないということもあるが、「障害者の方が社会参加するための移動の問題をクリアするために、根気強く動きたいと思っている。」という回答をいただいている。甲府市としても引き続き、県の協議会と連動していきたいと思っている。

3.地域課題について(1)障害者に係る災害時支援について

この話題に関しては、平成25年7月の定例会でも話があがっている。チラシ「生命(いのち)のことづけ~死亡率2倍障害のある人たちの3.11」を受けて、災害時自分達がどのように行動すれば良いかを考え意見交換したいという動きもあるため、自立支援協議会としても必要があれば防災のプロジェクトチーム等を検討したいと思っている。

 

平成24年9月定例会

3.地域課題について(1)障害者虐待防止法について

平成24年10月1日から施行された障害者虐待防止法の概要説明と、甲府市の体制について報告、意見交換を行なった。

4.計画相談について

平成24年4月からサービスを利用される方には、計画相談の導入が必要になってきたということで取り上げている。しかし、甲府市は母数が多く遅々として進まない状況の中、連絡会からの提案もあり、平成25年7月29日に第1回計画相談事業所との学習会を行なっている。第2回は9月30日を予定している。

 

資料3頁

平成25年1月定例会

4.地域課題について

成年後見制度利用支援事業について取り上げた。平成25年3月1日に改正している。甲府市としての改正ポイントの説明、障害者や高齢者がどのような形でこの事業を利用できるかの意見交換を行なった。

 

資料4頁

平成25年4月定例会

4.地域課題について

(1)地域包括支援センターと障害分野の関係機関との連携について

障害者も高齢になる中、介護保険に切り替わる時にどのように連携を取っていくかについて、事例を通して意見が出された。委託相談支援事業所と地域包括支援センターが継続的に連携を図っていく必要性を確認し、今年度中に何度か交流会を持つ話を進めている。

(2)市営住宅建替えに伴う個別支援および地域連携の必要性について

北新団地建替えにあたっての障害者に関する問題について、障害福祉課、高齢者福祉課が住宅課に話をし、個別に住宅課と検討できるという動きになりつつある。

<質疑応答・意見>

無し。

 

 

(3)専門部会の報告について

(1)相談支援体制プロジェクト部会

資料4「甲府市の相談支援体制について」報告書

資料5「甲府市の相談支援体制について」報告書に対する障害者団体からの意見等のまとめ

<相談支援体制プロジェクト部会部会長>

部会の活動報告を行う。第8回甲府市地域自立支援協議会全体会において、甲府市の相談支援体制の評価と報告の質疑応答の中から、「相談支援事業所4事業所が分かり難い」「どこに相談してよいか分からない」という意見が出された。また相談を受ける側も、職員体制の問題、相談内容の複雑化により専門性を問われることから、昨年より1年掛けて相談支援体制を検討。プロジェクトとして活動した内容が資料の通りである。前回の甲府市地域自立支援協議会全体会にて、資料と同じ報告書を提示したところ、財源的な課題はあるものの是非実現化して欲しいとの意見をいただいた。その後報告書を、甲府市の「障害福祉サービスガイド」に掲載されている団体を中心に、25の障害者団体に提示し、意見を聴取した。その意見を取りまとめたものが資料5である。

平成25年4月23日に、報告書(資料4、5)を、甲府市地域自立支援協議会全体会会長と相談支援体制プロジェクト部会部会長で、福祉部長はじめ関係者に説明をさせていただいたところ、役所内の関係部署で検討し前向きに対処していくという返事を得られた。

 

<障害福祉課>

相談支援体制についての進捗状況の説明。

甲府市の相談支援体制について、平成23年度自立支援協議会全体会の中で、基幹相談支援センターの設置について意見が出された。また定例会において地域の課題として、現在の相談支援体制について継続して検討が必要という意見が出たことから、平成24年度に専門部会として、相談支援体制プロジェクト部会を立ち上げ、障害当事者や家族の方、関係機関に意見聴取をする中で、甲府市の相談支援体制についての報告書を作成し、会長と部会長より平成25年4月23日に受理した。この報告書を基に、現在基幹相談支援センターの設置について、来年度の早い時期に開設する予定で準備を進めているところである。

基幹相談支援センターの業務としては、総合的、専門的な相談支援、地域移行、地域定着の促進、障害者虐待防止法の取り組み等である。体制については、社会福祉士、精神保健福祉士、相談支援専門員等の職員6名以上を配置する予定。尚、現在障害福祉課に設置している障害者虐待防止センターについては、平成26年度以降についても引き続き障害福祉課で業務を行ない、基幹相談支援センターと連携を取りながら対応したいと考えている。基幹相談支援センターの設置場所については、甲府市が障害者の自立と社会参加促進、健常者との交流を目的として建設した甲府市障害者センター内への設置を予定している。

 

<質疑応答・意見>

委員:総合相談支援センター(仮称)機能イメージ図の職員配置に、手話通訳士と書かれている。手話通訳士が配置されることは大変喜ばしいことだが、手話通訳士はあくまでも手話通訳をする役割であるため、むしろセンターには聴覚障害者に関する専門の相談員を置くべきだと思う。

手話通訳士はコミュニケーションを支援する役割、専門の相談員につなぐ役割がある。手話通訳士というより、聴覚障害者に関する専門の相談員という人材の確保ができているかを伺いたい。

障害福祉課:今までに皆さんに参加していただき、意見交換会を2回開催した中で、手話通訳士も職員の中に入れて欲しいという要望があった。それを受けての報告書の職員配置となっている。手話通訳士がセンター内に常駐できることが望ましいが、数が少ない中でその確保は難しい。そのため、手話通訳が必要な方については甲府市障害福祉課の設置通訳士や手話通訳者派遣で対応していきたい。また、聴覚障害者に関する専門の知識を持った職員ついては、社会福祉士、精神保健福祉士、相談支援専門員、保健師等を置く中で、専門職として知識を持った職員を配置していかなければならないと考えている。

委員:身体障害の中でも肢体、視覚、聴覚等の障害があるが、聴覚障害については数が少ないため、相談の数も少なく、実際に聴覚障害者専門の相談員を採用する機会も少ないかもしれない。私は山梨県立聴覚障害者情報センターで相談員をしており、そこでは聴覚障害者の相談が非常に多い。そのように聴覚障害者専門の相談員の設置を考えていただければと思う。

会長:「甲府市障害児者総合相談支援センター(仮称)機能イメージ図」が描かれているが、他機関との連携やネットワークということはいくらでも言える。しかし、その仕組み作りができなければ拠点ができただけでは関係機関に繋がらない。その辺りについて、市は今後検討する予定があるか。

障害福祉課:自立支援協議会から報告書を受け取った。市としてもこの報告書については十分に尊重して進めている。来年度設置の予定であるが、設置後も課題は出てくると思う。それについては、これまでの委託相談支援事業所や関係機関と相談、協議していく中で、より良いものを作り上げていきたいと思っている。

委員:「甲府市障害児者総合相談支援センター(仮称)機能イメージ図」を見た時に難しく感じ、今までのイメージしていたものと違い過ぎて、遠い存在のように感じる。私達の団体は、先ほど話があった『「甲府市の相談支援体制について」報告書に対する障害者団体からの意見等のまとめ』に回答した団体の一つである。今まで委託相談支援事業所は頼りになって良かった。私達の団体として望むことは、委託相談支援事業所の相談員が一つの所にまとまり、各関係機関に振ってもらいたいと思っていた。そのような考えが、この図を作る際に浮かばなかったのだろうか。今まで相談に関わった相談員ではなく、また新しい相談員になり新たに一からやり直しをするのかと、とても不安に感じる。少し経過を伺いたいと思うが。

相談支援事業所:今まで意見交換会で、当事者の方や関係機関の方達から大変貴重な意見を聴き、総合的な、専門的な窓口ということで取りまとめたものがお手元にある報告書である。今まで委託相談支援事業所4事業所としては、スムーズに連携が取れるようにしたり、場所が分かり辛いという意見から広報へ掲載し周知をしてきた。しかし、「総合的、専門的な基幹相談支援センターを。」ということで報告書をまとめた。センター設置後は、今までの委託相談支援事業所は指定特定相談支援事業所として、基幹相談支援センターと連携していくことになるだろう。

会長:窓口がわかり易くなること、また質の向上のために、このセンターが立ち上げられると想像している。基幹相談支援センターが、遠い存在だと思われないようなイメージ図を描かなければならない。市の方でもプロジェクトが終わったとしても、委託相談支援事業所の方と相談しながら、もっと良いものを作っていただけると期待したい。

委員:アクセスが非常に悪いこの甲府市障害者センターに、基幹相談支援センターを置くことに基本的には賛成ではない。しかし市が決めたことであり、しかも法律の中で基幹相談支援センターを置かなければならないとしており、甲府市は遅れているため早急に設置しなければならない。いよいよセンターを置くということになれば、機能をどれくらい持たせるか、今までの委託相談支援事業との横の連携、障害者虐待防止センターや地域自立支援協議会との関係について等、総合的に絡んでくるため、もう一度私達障害者団体の意見を聴く必要があるかと思う。行政で決めたから事業団に委託ということになると、使い勝手が難しいかと思う。

会長:障害者センターは、「私が障害者です」という人しか来ない。精神障害かもしれない引きこもりの人、グレーゾーンの人や子どもは来にくい。予防的なこと等については、他の関係機関とネットワークを作る形を取るだろうと期待をしたい。

 

(2)入浴プロジェクト部会

資料6「甲府市内の福祉センターの利用について」

<入浴プロジェクト部会部会長>

前回の全体会でチラシの提示をさせていただき、ご指摘いただいた部分については修正をし、手元にあるチラシのようにまとめさせていただいた。周知方法としては、各福祉センター等にチラシを置くことを検討している。また、社会福祉協議会のホームページに掲載している。

 

<質疑応答・意見>

無し。

 

 

(4)その他

<会長より提案>

自立支援協議会の情報を発信するプロジェクトを、立ち上げてはどうかという提案をしたい。

先ほど、委託相談支援事業所と指定相談支援事業所の違いがわからないという意見があったように、自立支援協議会の皆さんも自立支援協議会がどういうところなのか本当にわかっていない、わからないという意見もあった。

甲府市地域自立支援協議会の目的の中で、「地域の障害の人達が、地域で暮らすための地域の社会資源の開発や改善、地域の関係機関等の連携と書いてある。連携、ネットワークは社会福祉の分野では枕詞である。連携やネットワークのための仕組みづくりとして、情報発信の何か形を作っていくべきでないかと思っている。その情報発信の方法を、もう少し具体的に今年考え、仕組みづくりをやってはどうか」という提案である。

先ほどの資料2「甲府市委託相談支援事業所自己評価」でも、社会資源の構築、掘り下げ、地域のつながりができていないと書かれている。これから先、拠点となる基幹相談支援センターが設置されても、できていくことではない。

地域づくりというのは、もっと自立支援協議会がつなぎ役になってやっていかなければならないのではないか。例えば、南アルプス市は民生委員協議会と連携をするための活動をしてきた。そのような前例もあるため、民生委員や地域の連合自治会長、もちろん当事者や家族にもわかり易い情報発信をやるべきではないかと思う。

自立支援協議会ニュースというものを年に1回でも2回でも出せれば良いのではないかと思う。報告書は読まない。もっとわかり易い、シンプルで、字も少なく、手に取りやすいものを作って、市や公民館の窓口に置き、情報発信していく。

資料5「甲府市の相談支援体制について」報告書に対する障害者団体からの意見等のまとめにも、「様々な情報収集、発信ができるようにして欲しい。」「インフォーマルな資源開発に力を入れて欲しい。」「自立支援協議会の内容について障害者団体等へ情報提供がほしい。」このような皆さんの要望を踏まえ、情報発信の形を今年考え、プロジェクト部会を立ち上げたら、定例会の皆さんにご負担が掛からないように、障害者の若手や年配グループなどから人手を募って、定例会、もしくは全体会会長の私でも良いが、誰かが中心になって、ニュースペーパーを出していく。障害者福祉のことはマイナーで知られていない。それを甲府市の皆さんに知らせることによって、障害者がもっと地域で暮らせていけるのではないかという意見である。この提案について、圏域マネージャーに意見をお願いしたい。

圏域マネージャー:全体会会長より、情報発信に関するニュースペーパー作りの話があった。今、県自立支援協議会に関わっているが、当事者座談会を4圏域ごとに行なっている中で、当事者からの意見を聴くと「自立支援協議会についてよくわからない」「委員であってもやっている内容がよくわからない」等の意見があった。そのことに対しては、伝え方について問題があるかと思ったところである。情報は伝わって初めて届いたことになり、活用できるようになるので、この場で“必要があるのではないか”という意見が多ければ、そのような取り組みも必要になってくるのではないかと思う。

委員:すべてそうだと思うが、自分自身だけでこうだったとやっているだけでは、人には伝わらない。人に伝える方法としては、何か書いたものも方法の一つだろう。例えば、甲府市に1万4千人の身体障害者、あるいは1,500人の知的障害者がいて、そのご父兄や兄弟達との何かしらの繋がりを考えた時に、ペーパーになっているものがあった方が良いのかとも思ったりする。

私はいつも、甲府市が出している「障害者福祉サービスガイド」を持ち歩いているが、これには自立支援協議会のことは載ってはいない。自立支援協議会ばかりではなく、虐待防止センター、これから立ち上がる基幹相談支援センターの状況や実態等について、皆さんに知らせるべき何かしらのツールが必要だとは思うが、これが良いと言い切れるまではいっていない。

委員:私も障害者相談員をしており、自立支援協議会の委員にもなっている。視覚障害者にとって一番の問題は移動の問題だが、先ほど聴覚障害者の方から聴覚障害者の立場を理解している相談員をおいて欲しいとの話があった。確かにそれぞれの障害の立場を理解している相談員がいてくれれば良いと思う。お互いに横の情報が、この協議会に参加していても伝えにくいと思うところがあり、何か素晴らしい情報誌があれば大変良いと思う。7月に甲府市障害者団体連絡協議会の部長対話があり、移動環境や日常生活用具等について要望をしてきた。その中で、パームソナー(超音波式視覚障害者用歩行補助具)を日常生活用具として認めて欲しいと要望した際、障害福祉課から「片手に白杖、片手にパームソナーを持って歩くと危ないのではないか。」との話が出た。もし情報誌があることで、視覚障害や他の障害について、それぞれの障害の理解や情報等をスムーズに伝えられたり、理解されるのであれば、そのような情報誌なら確かに良いかもしれないと思う。

委員:情報発信物はたくさんあっても良いと思う。情報発信はとても大事だが、現状の自立支援協議会の状態から言うと、新しい基幹相談支援センターが機能することを最優先に考えていただきたい。すべて並行して行なうことはとても大変である。今までの委託相談が基幹相談支援センターという形になっていくことに不安もあるため、まずは新しい基幹相談支援センターが機能することに集中していただきたい思いがある。情報については、私達も便りを出している。自立支援協議会の議事録もできるだけ早い時期に発信していただければ、保護者の繋がりの中で発信していける。自立支援協議会がしっかり機能することを、優先に考えていただければと思う。

委員:先日行なわれた甲府市障害者団体連絡協議会の部長対話の中で、聴覚障害者団体からはiPadを要望した。もしそれが認められれば、iPadでの手話配信など聴こえない人達のコミュニケーションや情報保障など様々な問題に対応できる。情報発信と言っても、聴覚障害者の情報のあり方は少し違い、見える情報であることが大切なため、そのような方法があればと思う。

会長:長野県は圏域ごとにホームページがあって、自立支援協議会の情報が掲載されている。自立支援協議会がなぜ情報を発信しなればならないか。自立支援協議会は、実は地方分権の試金石と言われており、それぞれの地方で好きにやって良い。そのため、ものすごく格差がある。自立支援協議会は繋ぎ役、これこそネットワークである。甲府市の障害者は障害者だけで暮らしてはいない。甲府市のいろいろな所と繋がって生活している。だからこそ障害当事者、いろいろな所への情報発信していく。自立支援協議会というネットワークが地域の中にある。このネットワークを素晴らしく活かせば、障害者だけではなく、甲府市としても素晴らしい地方分権の要となる。とにかく自立支援協議会は、本当はものすごく素晴らしいものである。そこから発信するということは当然のことである。時期は来年でも良い。発信の仕方もいろいろな方法があると思う。もし大きな反対がなければ、ひとまずプロジェクト部会を作り、進めさせていただいても良いだろうか。

委員:今までいろいろな意見が出た。特に福祉の仕事は、良いと思ったらとにかく始めなければ駄目である。ただ問題は、お金が掛かるし、スタッフも要る。それをどのようにするか。関係者が知恵を絞っていくことが非常に大事だと思う。知恵を絞る中でお互いに意思疎通ができて、知恵のグループができる。したがって、良いと思ったらやることが良い。

会長:言い出した者がやらなければならないので、叩き台の叩き台を作り、いくつかの案を出して、全体会副会長や定例会会長、委託相談支援事業所相談員と進めていきたい。

 

 

5.おわりのことば

 

 

室長あいさつ

 

<事務局>

事務局より事務連絡を行い閉会。

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健総室障がい福祉課相談支援係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎2階)

電話番号:055-237-5240

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る