更新日:2021年3月12日

  • 庁舎案内
  • よっちゃばれ!甲府の魅力、大集合!大好き!こうふ市

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

第14回甲府市地域自立支援協議会全体会

第14回甲府市地域自立支援協議会全体会議事録

議事録(ワード:26KB)議事録(PDF:308KB)

日時:平成26年4月25日(金曜日)14時00分~

場所:甲府市障害者センター2階会議室

 

出席委員

大塚ゆかり委員、古屋好美委員、山角駿委員、井戸和美委員、菊島良治委員、荒川准子委員

小林恵委員、佐藤健委員、野口博文委員、中村雅子委員、田中喜夫委員、山本美枝委員、市瀬實委員

甲斐江美委員、木村定則委員、末木泰子委員、板山俊介委員、保坂辰男委員、原田喜久男委員

小林望委員、山田修委員、森屋直樹委員

健康衛生課課長黒倉さゆり委員、児童育成課課長山口和美委員、高齢者福祉課課長八巻一仁委員

公開会議により傍聴者1名

 

事務局

戸澤長寿支援室室長石原障害福祉課長、村山係長、原田係長、藤原主事

甲府市障害者基幹相談支援センターりんく廣野相談員、後屋敷相談員、本山相談員、野澤相談員

 

司会:福祉部長寿支援室障害福祉課石原課長

議事:山梨県立大学大塚ゆかり准教授

 

次第

1.委嘱式

(1)委嘱状の交付

(2)副市長あいさつ

 

2.第14回甲府市地域自立支援協議会全体会

(1)委員自己紹介

(2)事務局紹介

(3)会長副会長互選

(4)議事

  • 甲府市地域自立支援協議会の役割と組織について
  • 定例会委員指名
  • 定例会・専門部会の経過報告について
  • 「甲府市障害者福祉計画」「甲府市障害福祉計画」について

(5)その他報告事項等

 

 

 

委嘱式

(1)委嘱状の交付

副市長より委嘱状の交付全体会委員数32名

(2)林副市長あいさつ

 

輿石福祉部長紹介

 

第14回甲府市地域自立支援協議会全体会

 

1.委員自己紹介

甲府市地域自立支援協議会全体会名簿参照

事務局紹介(障害福祉課及び甲府市障害者基幹相談支援センターりんく)

 

2.会長副会長互選

甲府市地域自立支援協議会設置要綱第5の規定より、会長及び副会長を委員の中から互選により定める。

会長は全体会を代表し会務を総理、副会長は会長を補佐し、会長に事故ある時には職務を代理する。

会長:大塚ゆかり(山梨県立大学准教授)

副会長:木村定則(甲府市手をつなぐ育成会副会長)

 

大塚会長あいさつ

 

木村副会長あいさつ

 

 

3.議事

(1)甲府市地域自立支援協議会の役割と組織

事務局より資料を基に説明を行う。

 

<質疑応答>

会長:ありがとうございました。説明が終わりましたが、何かご意見がある方は発言をお願いいたします。なお、発言をされる方はご所属とお名前を言ってからお話しください。

 

委員:私たちは当事者家族という代表で来ています。以前も全体会の委員をさせて頂いたけれど、なぜ定例会に当事者家族が抜けてしまうのでしょうか。また、全体会と定例会の委員構成のところで当事者障害者団体と学識経験者だけが定例会は抜けています。説明のあった、定例会の実務者会議は当事者家族のことだけでなく、全部含めて話し合う場だと思いますが、この委員だけだとすると実務者だけの問題点のということになり、片方からの視点になっています。

「すくらむ」でも県の方と市の方と相談支援の方で2時間かけて意見交換会を行いました。そのくらい話をしなければ、私たちが思っている考え方と支援して下さる方の考え方が同じところにまとまらないんです。ぜひ、定例会に私たちも入れて頂きたい。

 

障害福祉課:今から定例会の委員さんを指名するので、これからお配りする名簿を見て頂き確認していただきますが、確かに括りの中には当事者家族というものはありません。しかし、会長が必要と認めるという所で何人か枠がありまして、身体障害者相談員さんと知的障害者相談員さんにそれぞれ1名ずつご参加頂くのと、ご家族の代表ということで、山梨県障害児者家族会ネットワークから1名ご参加頂いただくことになっています。

当事者家族の生の声というところですが、先ほどの説明の中に相談支援部会というお話があったと思うのですが、平成24年の自立支援法の改正の時から相談支援の部分の充実が図られまして、平成26年度中に障害福祉サービスを使う方全員に計画相談を給付するということになっています。まだ、十分に進んでいませんが、指定特定相談支援事業所の相談支援専門員が、利用者のニーズを計画の中で十分に把握をすることが出来れば、また「りんく」の相談員が日々の相談支援の中で十分に把握することが出来れば、定例会に課題として挙がってくるものと思います。

 

委員:確かにそこに引っかかってくればの話だと思いますが、今日初めて私も言っているわけではなく、今までにそうだったのでやはり入れて頂きたい。「りんく」や他の事業所の方もきっと素晴らしい方たちだとは思います。でも私たちの望むところまで行って下さらないと満足はお互いにないと思います。期待しますではなく、今生きていて、生活していて、今手を差し伸べてほしいので、やはり入れて頂きたいという私の意見です。

 

事務局:定例会の委員に関しては、もうすでに決められているという所もありますので、今からということはできないですけれども「りんく」ができたというところでは、できるだけ当事者の方々のご要望やご意見に近づいていきたいと思っております。会議などにも積極的に参加して、皆様の声を聞きたいと思っておりますので、そのような形で意見を伺い相談支援連絡会の課題抽出という形で結んでいければと考えております。

 

(2)定例会委員指名

会長:甲府市地域自立支援協議会設置要綱第3項の規定によりまして、定例会の委員を全体会の会長であります私より指名させて頂きます。

(名簿配布・名簿を読み上げる:甲府市自立支援協議会定例会委員名簿参照)

なお、要綱による定員は30名となっておりますので、必要に応じて随時追加指名することと

いたします。定例会の委員についてはご承知おきください。

 

(3)定例会、専門部会の経過報告について

事務局:甲府市地域自立支援協議会実施状況について説明。

 

<質疑応答>

会長:報告が終わりましたが、何かご質問ご意見ある方は発言をお願いいたします。

 

質問、意見なし

 

(4)「障害者福祉計画」及び「障害福祉計画」について

障害福祉課:第3次「障害者福祉計画及び第4期「障害福祉計画」について説明。

 

<質疑応答>

会長:ありがとうございました。それでは、まだ時間もございますし、お集まりいただいておりますのでせっかくの機会ですので、ご意見のある方は挙手をお願いいたします。

 

副会長:今説明をしていただきましたが、甲府市保健福祉計画策定懇話会がどのようなメンバーでどんなことをやっているのか、いつからやっているのかというある程度のアウトラインを教えて頂きたい。あと「者あり」「者なし」と言われても、なかなかピンと来ない。

 

障害福祉課:甲府市保健福祉計画策定市民懇話会というものは、今年度福祉で5計画を1度に作成するということになりまして、福祉部の方で7月に立ち上げをいたします。そこから部会、全体会と協議を重ねて、12月には計画の素案を懇話会から提出をしていくような形になっております。そのあとパブリックコメントをかけ、市長に提言をし、市長の決定を受けて計画の策定をするということです。約10名の障害者部会というものを7月までには立ち上げます。市民懇話会については福祉部全体の5計画を作りますので、全体会としては委員数が50名を超える委員になります。障害者部会としては10名程度の委員によって、5回程度の部会を行い、計画の策定案を作成するというスケジュールになっております。

計画の「者あり」「者なし」というのは、一般的に言われているので皆さんにはそちらの方がわかりやすいかと思いまして、使わせていただきました。申し訳ありません。「障害者福祉計画」というのが障害者基本法に基づく計画です。これは施策や事業等の策定をして参ります。期間が5年間となっております。「障害福祉計画」については障害者総合支援法と言われている法律に基づく計画となっております。こちらにつきましては、各福祉サービス事業の事業ごとの見込み量の作成をすることになっております。期間が3年間ということになります。

 

会長:よろしいでしょうか。ほかに何かご意見ありますでしょうか。

 

意見・質問なし

 

会長:それでは、ここまでみなさんのご協力によって進めさせていただきました。

私も会長を拝命させていただきましたが、やはりさまざまな意見を出していただいて、それを統合して全体会でやるのか、定例会でやるのか、専門部会でやるのか、それは考えていかなければなりません。私自身もやはりサービスを利用する方を含め、住人の方たちがどのような甲府市にしていきたいのかというのを大切にしていきたいと思っておりますので、ぜひ貴重なご意見を定例会や専門部会で具体化して生かしていけたらと思いますので、ご協力をよろしくお

願いいたします。

それではこれで、第14回甲府市地域自立支援協議会全体会の議事を終了いたします。ありが

とうございました。

 

4.その他報告事項等

事務局:今後の予定でございますが、5月23日に第36回定例会を行い、以降は隔月で定例会を開催してまいります。現在検討中の甲府市の移動の仕組みを考えるプロジェクトチームについては、適時部会を開催し、調査を行ってまいります。

また、第15回の全体会は8月頃に開催したいと考えておりますので、日程が決まりましたらできるだけ早く皆様にご通知させて頂きます。

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健総室障がい福祉課相談支援係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎2階)

電話番号:055-237-5240

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る