更新日:2021年3月12日

  • 庁舎案内
  • よっちゃばれ!甲府の魅力、大集合!大好き!こうふ市

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

第4回甲府市地域自立支援協議会全体会

日時

平成21年8月27日(木曜日)午後2時から

場所

甲府市障害者センター2階会議室

出席委員

前島隆生委員、原田喜久男委員、山崎光昌委員、大久保幸雄委員、標照二委員、尾谷初美委員、古屋好美委員、萩原正人委員、橘田雅春委員(代理)、神戸義久委員(代理)、木村定則委員、小澤恵美委員、丸山十喜子委員、市瀬實委員、出口幸英委員(代理)、横内理乃委員、平井政幸委員(順不同)

事務局

千野由貴子定例会長

柳澤室長、橘田係長、石原係長、村山係長、長田保健師(障害福祉課)

相談支援事業所

深澤相談員(すみよし生活支援センター)、山下相談員(サポートプラザ山の手)、秋山相談員(甲府市障害者センター相談室あんず)

次第

あいさつ

議題

1平成20年度相談支援事業所実績報告

各相談支援事業所から報告

  • (1)支援学校や病院からの相談が増えている。家族も含めた支援も多い。訪問介護のサービスを必要とする時間帯が集中するため、ヘルパーの人的確保が難しく、夜間対応のサービス事業所が少ない。短期入所が必要な時に使えないことが多い。
  • (2)相談内容としては経済的な問題が多い。生活保護の担当との連携、年金や手帳の申請援助、中には家賃が支払えないため引越しの支援をすることもある。
  • (3)後見人や地域包括、関係機関との連携を行った。金銭管理や住居支援なども行っている。
  • (4)発達障害の実人数は1であるが、延べ件数は186件。発達障害で電話や訪問、通院同行、家族や関係機関との連携を図った。
    (委員)対応事例について、自立支援協議会で検討し解決できたもの、できなかったものを整理し課題としてまとめ資料としてほしい。

2定例会の報告

(1)市・県(自立支援協議会)への提案について

定例会会長より市・県(自立支援協議会)への提案書を読み上げ、内容についての確認と意見の聴取を行う。委員より特に質問及び意見はなく承認された。

(2)専門部会の取り組みについて

定例会会長より各専門部会の説明を行う。

  • 権利擁護・就労部会
    今年度については障害者の働く権利に着目し、支援者が障害者の権利を守ることとはどういうことか改めて考える機会を持つということで、法務局の課長を講師に招き、支援者を対象に講演会を行った。障害者だから守るのではなく、国民の権利だから守ることを支援者が知ることができた。
  • 児童部会
    障害児の早期発見早期対応を目的とした、5歳児健診の実施の可能性を検証するための活動を行っている。障害児を持つ保護者との意見交換会や健診現場の見学、担当保健師との意見交換会を行う中で、早急な導入は難しいとのことから、アンケート調査や意見交換会を検討し、健診に代わる方法を検討する必要があるのか検証し、乳幼児健診の充実を目指していきたい。
  • 住居部会
    障害者が地域で生活していくための支援として、現在居住サポート事業について部会で検証中であるため、部会の報告の前に居住サポートについて説明を行う。甲府市独自のシステム構築のため、先進地の視察を年内に行っていく予定である。

(委員)知的障害者の28%が施設入所、残り70%が在宅。在宅で生活している知的障害者が親元を離れ生活をする場所について、自立支援協議会にどのように反映しているのか。

(定例会会長)居住サポートに関しては、社会復帰施設からの地域移行のサポートであるが、地域で生活している方に関しても、地域で生活していた障害者の方が、両親が高齢になったから施設や病院に入所というのではなく、家族の代わりに安全・安心に地域で生活し続けるようなサポートシステムを作るために検討している。

(委員)甲府市ではグループホームやケアホームの受け皿が少ないのが現状だと思う。この現状について自立支援協議会で取り組んでいるのだろうかと思ったので質問した。

(副会長)甲府市内のグループホームは10か所、ケアホーム3カ所、福祉ホーム1カ所で絶対量が少ない。入所施設は入所者がいる限り新しい人は入れない。入所待機者がどのくらいいるのか。

(事務局)平成17年度の実績で255名が施設入所している。手帳は12000名が所持しているので、約2%が入所している。残りは在宅である。この中には保護者と同居している方、独居の方がいる。現在障害者福祉計画を策定中であり、アンケート調査を実施している。その結果が目安となる。地域で生活していきたいというニーズについて調査をしないとわからない。

(副会長)グループホーム、ケアホーム、福祉ホームについて必要であると思う。空家や貸店舗の再利用や行政施設の再利用なども考えたり、関係者が力を出し合って協力しあうなど対応の検討ができればよいと感じている。

(事務局)国でもグループホーム、ケアホームなど自立に向けての施策は掲げている。現在策定中の障害者福祉計画についても、国の動向を見ながら整合性を含め良いものにしていきたいと思う。

以上で閉会。

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

福祉保健総室障がい福祉課相談支援係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎2階)

電話番号:055-237-5240

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る