ホーム > 消費生活相談 > 相談事例一覧 > 身に覚えがない請求メールがパソコンや携帯電話に届く(架空請求)

ここから本文です。

更新日:2016年12月22日

身に覚えがない請求メールがパソコンや携帯電話に届く(架空請求)

相談内容

未払代金の債権回収業者からパソコンにメールが届いた。「滞納しているインターネット接続回線と有料サイト利用料の請求」と記載があるが、利用した覚えがない。メールには「期日までに連絡しないと、法的手段に訴える」と書いてある。業者には連絡していないが、どうしたらよいか。

相談員からのアドバイス

パソコンや携帯電話などへのメールで、利用した覚えのない料金を請求される「架空請求」に関する相談が寄せられています。「期日までに連絡してください」「訴訟を起こす」「弁護士対応になる」等、不安をあおる内容が記載されています。不安感から連絡させるという手口ですが絶対に連絡しないでください。一度連絡してしまうと、相手に個人情報を教えることにも繋がり、業者からの請求がエスカレートするケースもあります。利用した覚えがなければ決して支払いをせず、無視しましょう。支払い義務があるかどうか判断できない場合や心配なときは、まずは消費生活センターにご相談ください。

ご相談ください!

甲府市消費生活センター
〒400-8585 山梨県甲府市丸の内一丁目18番1号 甲府市役所本庁舎4階
電話番号:055-237-5309
月曜日~金曜日 午前9時~午後4時(水曜日は午後6時まで)
相談受付時間外は、消費者ホットライン「188(いやや)」をご利用ください。(年末年始を除く)