ホーム > 消費生活相談 > 相談事例一覧 > クレジットカード利用明細書に身に覚えのない金額が記載されている

ここから本文です。

更新日:2016年12月22日

クレジットカード利用明細書に身に覚えのない金額が記載されている

相談内容

カード利用明細に身に覚えのない金額が記載されているが、どうしたらよいか。

相談員からのアドバイス

まず、クレジットカードを利用した時に受け取ったお客様控え(売上伝票の控え)を確認してください。この控えには、自分がした契約(サインや暗証番号を入力して認めた契約)の内容が記載されています。控えの金額と利用明細の金額が違っていた場合やまったく身に覚えのない請求の場合には、クレジットカード会社に問合せをしてください。控えの金額と利用明細が同じだった場合、自分が認めた契約の請求ですから、その支払いをしなければなりません。このような時のために、控えは支払いが終了するまで保管しておくことが必要です。それでも解決しない場合には、消費生活センターにご相談ください。

ご相談ください!

甲府市消費生活センター
〒400-8585 山梨県甲府市丸の内一丁目18番1号 甲府市役所本庁舎4階
電話番号:055-237-5309
月曜日~金曜日 午前9時~午後4時(水曜日は午後6時まで)
相談受付時間外は、消費者ホットライン「188(いやや)」をご利用ください。(年末年始を除く)