ホーム > まち・環境 > 環境 > し尿 > 衛生センター(し尿処理施設)

更新日:2021年4月16日

  • 庁舎案内
  • よっちゃばれ!甲府の魅力、大集合!大好き!こうふ市

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

衛生センター(し尿処理施設)

衛生センター

衛生センターのフローシート

クリックすると大きくなります
衛生センターのフローシート1の図衛生センターのフローシート2の図
プラント概要

処理方式:標準脱窒素処理方式処理能力:100kl/日

受入・前処理工程

受入室

し尿と浄化槽汚泥は、それぞれの受入口に投入します。室内の臭気が外部に拡散しないよう、常にファンで吸引しています。

受入室の写真

前処理設備

し尿に混じっている布・紙・ビニールなどは破砕機で細かく切断し、ドラムスクリーンとスクリュープレスで分離・脱水します。

前処理設備の写真

1次・2次処理工程

1次・2次処理室

前処理分離液を、希釈水・返送汚泥などとともに混合・曝気し、微性物によって有機物と窒素化合物の分解・除去を行います。

曝気ブロワ(右下)

微生物が活発に繁殖できるよう、汚水中に空気を送り込む装置です。

1次・2次処理室の写真

高度処理工程

凝(ぎょう)集沈殿設備

生物処理では除去しきれなかったBODや微細なSS(浮遊物質)・リンなどを、薬品によって凝集させ、沈殿しやすくして除去します。

凝(ぎょう)集沈殿設備の写真

砂ろ過設備(左)

何層にも積み重ねた細かい砂のろ層で、残存する極めて細かい濁りの成分まで捕捉します。なお、つねに安定した処理効果をあげるため、ろ層は定期的に逆洗します。

活性炭吸着設備(右)

活性炭の強力な吸着能力を利用して、COD、色度成分、T-Nなど、微細な汚濁物質を捕捉します。処理水は、塩素滅菌後、放流します。

砂ろ過設備(左)の写真

し尿処理状況令和2年度実績

処理量
〔kl〕
1日平均処理量
〔kl〕
稼働日数
〔日〕
4,703.04 15.89 296

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

廃棄物対策室廃棄物対策課廃棄物係

〒400-0831 甲府市上町601番地4 

電話番号:055-241-4363

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る