ホーム > まち・環境 > 環境 > PCB廃棄物関係 > PCB使用安定器の保有状況に関する訪問調査を実施します

更新日:2021年9月3日

ここから本文です。

PCB使用安定器の保有状況に関する訪問調査を実施します

PCB使⽤安定器の保有状況に関する訪問調査の実施について

 ポリ塩化ビフェニル(以下「PCB」といいます。)は、かつて電気機器の絶縁油などに使⽤されましたが、その毒性が問題となり、⼈の健康や⽣活環境への被害を⽣ずるおそれがあることから、「ポリ塩化ビフェニル廃棄物の適正な処理の推進に関する特別措置法」により規制がなされ、PCBを使⽤した照明器具の安定器(電灯のちらつきを安定させる装置)は、令和5年3⽉31⽇までに全て廃棄処分することが義務づけられています。

 甲府市では、市内のPCB使⽤安定器の保有状況を把握し、期限内に確実な処分が⾏われるよう、PCB使⽤安定器を使⽤した可能性のある昭和52年3⽉以前に建築された建物の所有者を対象に、令和元年度からPCB使⽤安定器の保有状況に関するアンケートを実施しております。

 この度、処分期限が迫ってきたことから、上記アンケート調査に回答いただいていない⽅などPCB使⽤安定器の保有状況を確認できていない⽅を対象に、調査票の送付または訪問調査を実施し、PCB使⽤安定器の保有状況の確認を⾏っております。調査票が届いた方や訪問調査員の訪問があった場合は、調査へのご協⼒いただきますようお願いします。

調査対象者

 昭和52年3⽉以前に建築された建物の所有者のうち、市が実施したPCB使⽤安定器の保有状況に関するアンケート調査においてPCB使⽤安定器の保有状況が確認できなかった⽅

調査実施期間

令和3年9⽉〜令和3年12⽉17⽇

調査業務受託者

株式会社東京商工リサーチ甲府支店 (甲府市丸の内2丁目8番3号丸和ビル2F)

(※本件訪問調査は、甲府市が「株式会社東京商工リサーチ」に委託して実施しています。)

回答方法

  調査票に必要事項を記入の上、同封の返信用封筒(切手不要)にて、令和3(2021)年12月17日(金曜日)までに投函してください。

 ※ 御回答がない場合、事務局からの訪問及び電話やハガキ等により御連絡いたしますので、あらかじめご了承ください。

訪問に際し(株)東京商工リサーチの訪問調査員が、聞き取りによりPCB使⽤安定器の有無を確認します。聞き取りによる確認を⾏いますので、訪問調査員が照明器具等に触れて確認することはありません。

訪問調査員は、甲府市が発行した訪問調査員であることを⽰す身分証明書を携帯しています。

訪問調査において、訪問調査員が⾦銭を要求することは⼀切ありません。

調査で配布する資料

  • 依頼文書
  • 調査票
  • 調査の手引き1
  • 調査の手引き2
  • 不在連絡票 (現地訪問で不在の場合)

お問い合わせ窓⼝

【訪問調査に関するお問い合わせ先】

株式会社東京商工リサーチ 甲府市PCB調査事務局(平日9時~17時 土日祝日、年末年始を除く)

電話番号:0120-115-175(フリーダイヤル)

【甲府市担当部署】

甲府市環境部廃棄物対策課 廃棄物係

電話番号:055-241-4363

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

廃棄物対策室廃棄物対策課廃棄物係

〒400-0831 甲府市上町601番地4 

電話番号:055-241-4363

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る