更新日:2020年8月7日

ここから本文です。

ご存知ですか?COPD

 肺の病気である「COPD」とは、chronic obstructive pulmonary diseaseの略で、肺気腫や慢性気管支炎もあわせた、慢性閉塞性肺疾患という病気のことです。COPDは、喫煙・大気汚染等による肺の慢性的な呼吸器疾患です。

厚生労働省の患者調査(2014年)では、病院でCOPDと診断された人は約26万人であり、また、COPD死亡者数(2017年統計)は、18,523人で日本人男性の死亡順位は8位となっています。そして、NICEスタディ(2001年順天堂大学医学部福地氏による大規模調査)の結果、40歳以上のCOPD有病率は8.6%、患者数約530万人との報告もあり、正しい診断・治療を受けている人は10%にも達成していない状況です。あまり知られていない病気であることから、適切な治療につながっていません。COPDを知ることで、早期発見、早期治療につながります。

COPDの原因

 最大の原因は喫煙ですが、粉じん、大気汚染、受動喫煙などの刺激で気管支に炎症が起こり、ついには肺胞が破壊されることによって呼吸がしずらくなります。喫煙開始の年齢が若いほど、また1日の喫煙本数が多いほどCOPDになりやすく進行しやすいといわれています。

COPDの症状

 階段の上り下りなど体を動かしたときに息切れを感じたり、風邪でもないのに咳やたんが続いたりすることが主な症状です。風邪や気管支炎などと同じ症状であるため、見過ごしてしまいがちで、COPDの発見の遅れにつながります。COPDが進行すると少し動いただけでも息切れし、日常生活もままならなくなります。特に、40歳以上の方で、喫煙歴のある方は要注意です。

少しの動作でも息切れしやすい。

せきやたんが出る。たんが黄色く粘り気がある。

ぜいめいがある。呼吸のたびにゼーゼー、ヒューヒューがある。

COPDの検査・診断

 思い当たる症状があれば、まずはかかりつけ医に受診しましょう。必要に応じて呼吸器科の専門医を紹介してもらいましょう。COPDの診断は、スパイロメーターという機械を使った呼吸機能検査(スパイロ検査)によって行います。スパイロ検査はCOPDの診断には欠かせない検査で、肺活量と、息を吐くときの空気の通りやすさを調べます。ほかに、胸部レントゲン検査、CTなどの画像診断も肺の状態を知るのに役立ちます。スパイロ検査の結果、検査値によりCOPDと診断されます。

スパイロ

COPDと診断されたら

 悪化してしまった肺機能は、残念ながら完全に健康な状態に戻すことは困難です。ですが、病気の進行を遅らせたり、症状を和らげることはできます。

まずは禁煙!

 COPDの予防と治療の基本は、禁煙です。たばこを吸っている人はすぐに禁煙しましょう。

ニコチン依存症管理料算定医療機関一覧(山梨県HP)(別サイトへリンク)

禁煙サポート薬局(山梨県HP)(別サイトへリンク)

薬物療法

 吸入薬・貼付薬・内服薬などがあります。気管支を拡げて呼吸を楽にするための気管支拡張薬を中心に治療を行います。

酸素療法

 重症化してしまうと、体内に十分な酸素を取入れることができなくなります。その場合には、酸素を供給する器具を使用して、鼻から吸入し、不足した身体の酸素を補います。

携帯酸素

重症化を防ぐためには

 COPDになると、身体の中で酸素不足となり、呼吸をするだけでも身体に負担がかかるので、体力を消耗し、体重も減少する傾向にあります。

効果的な呼吸方法

 気管を拡げ、息切れを軽くするために、効率の良い呼吸方法である「口すぼめ呼吸」や「腹式呼吸」が必要です。日常生活の様々な場面で、ぜひ効率の良い呼吸方法を行ってください。

口すぼめ呼吸

 口をすぼめてゆっくり息を吐きます。息を吐ききったら、軽く口を閉じて鼻から息を吸います。息を吸う吸気が1に対して、息を吐きだす呼気が2倍になるよう徐々に口をすぼめていってください。

腹式呼吸

 鼻から息を吸い込み、お腹が膨らむのを手で確認します。お腹の力を抜いて、口をすぼめてゆっくりと息を吐きだします。仰向けに寝転んですると、息を吸い込んだお腹が膨らみが分かりやすいです。

腹式呼吸

栄養管理

 栄養バランスを考えて食事をしっかりとりましょう。やせすぎを防ぐために、たんぱく質もしっかり食べましょう。

風邪・インフルエンザ等予防

 風邪やインフルエンザ等にかかると、病状が急激に悪化してしまいます。手洗いを心がけ、インフルエンザや肺炎球菌のワクチンを接種しましょう。

注射

運動習慣

 適度な運動は体力を維持し、呼吸機能を高める効果があります。特にウォーキングがおすすめです。

甲府市ウォーキングマップ

 

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康長寿室地域保健課保健予防係

〒400-0858 甲府市相生2丁目17番1号(健康支援センター2号館1階)

電話番号:055-237-2505

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る