ホーム > 市政情報 > 附属機関等 > 会議等の開催結果 > 建設部所管 > 平成30年度「甲府市北口公共施設指定管理者の候補者選定委員会」第1回委員会

更新日:2018年10月15日

ここから本文です。

平成30年度「甲府市北口公共施設指定管理者の候補者選定委員会」第1回委員会

開催日時

平成30年9月28日(金曜日)午後3時00分~午後4時00分

甲府市役所本庁舎8階(8-1会議室)

出席委員

今井久委員、雨宮正英委員、望月建設部長(互選により委員長)、塚原市民部長(代理出席)、嶋田教育部長(代理出席)

【事務局】内藤建設総室長、建設部総務課:金子課長補佐、荒木主任

担当課

【建設部道路河川課】手塚課長補佐、依田課長補佐

【建設部公園緑地課】長田課長補佐

【市民部消費生活課】小林係長

【教育部歴史文化財課】志村係長

次第

1.委員紹介

2.指定管理者の候補者選定委員会の設置について

3.委員長の選出について

4.審議事項

(1)会議の運営方法について

(2)スケジュールについて

(3)甲府駅北口公共施設指定管理者の「募集要項」「業務仕様書」「申請様式」「施設配置図」

及び「選定方法・選定基準」について

5.その他

議事録

1.委員紹介

各委員の簡単な自己紹介。

 

2.指定管理者の候補者選定委員会の設置について

「甲府市公の施設に係る指定管理者の候補者選定委員会設置要綱」をもとに、委員会設置の趣旨を説明。

 

3.委員長の選出について

委員の互選の結果、望月委員が委員長に選出された。

 

4.審議事項

(1)会議の運営方法について

1)本選定委員会は、申請団体の内部事情等を聴取するなどの観点から、非公開とすること。

2)会議録は、申請団体の経営などに関わる情報を削除し、公表すること。

3)会議録は、要約した内容とし、委員の個人名及び申請団体名は公表しないこと。

4)公表は、甲府市のホームページにて行うこと。

【審議結果】

原案通り承認された。

 

(2)スケジュールについて

「指定管理者選定スケジュール」をもとに、スケジュールを説明。

【審議結果】

原案通り承認された。

 

(3)甲府駅北口公共施設指定管理者の「募集要項」「業務仕様書」「申請様式」「施設配置図」及び「選定方法・選定基準」について

【説明項目】

1)「甲府駅北口公共施設指定管理者募集要項」

2)「甲府駅北口公共施設指定管理者業務仕様書」

3)「申請様式」

4)「施設配置図」

5)「自動販売機配置図」

6)「指定管理者候補者の選定方法及び選定基準」

【質疑応答】

委員:「募集要項」はホームページにいつ掲載されるか。別紙も掲載されるのか。

→10月1日に告示を行い、10月3日にホームページに掲載する。別紙も掲載する。

委員:施設の破損・修繕関連についてはどのように記載されているか。

→募集要項のP4に記載されている。見積金額10万円以下のものについては、指定管理者での対応となる。

委員:前年度の修繕費についての記載はあるか。

→具体的な修繕額についての記載はしていない。今までの実績に基づき経費を算定し、指定管理料に含めている。

委員:入札金額の大小は選定の評価点に影響するのか。

→評価に影響する評価方法となっている。

委員:修繕費等に関連する質問があれば、回答を行うのか。

→必要に応じてホームページ上で回答を行う。

委員:要項は甲府市の他の指定管理者募集要項と内容は大体一緒か。

→甲府市の『指定管理者の指定に関する事務処理マニュアル』を基に作成しているので、基本的な内容は一緒である。

委員:自動販売機は現状設置してあるものの契約を延長し、そのまま使い続けてもいいのか。

→現状の自動販売機を使い続けるか、それとも別のものとするかは、指定管理者の自由である。

委員:要項・審査表等の内容は前回とほぼ一緒か。

→前回とほぼ一緒である。変更点として、藤村記念館内のピアノの調律についての内容を追加した。

委員:前回の審査で問題点はあったか。

→特段ないと認識している。

委員:前回の応募者は何者か。応募者が1者でも評価を行ったか。

→応募者は1者で、評価を行った。

委員:諸経費の予算額が足りなくなったら、補填を行うような形となっているのか。

→著しく予算と乖離がある場合については、協議を行い対応する形となっている。

委員:指定管理者については、5年間の自主企画予定を提出するのか。

→1年間の企画を提出させ、それを5年間の企画と読み替える。

委員:実際にそれらの事業を行っているのか。

→行っている。

委員:ビールのイベントなどは自主事業で行っているか。

→自主事業ではない。自主事業を行ってきたことにより「イベントができる広場」と認知され、自主事業以外のイベントが行われるようになったと考える。

委員:自主事業とはどのようなものか。

→フリーマーケットや体操、コンサートなど、文化的なイベントが主である。

委員:自主事業以外のイベントなどの占用料はどこの収入となるのか。

→占用料は甲府市の収入、行為に対する利用料金は指定管理者の収入となる。

委員:イベントが提案通りに行われているかのチェックは行っているか。

→毎月の報告で確認している。

委員:入場者数の把握は行っているか。

→行っている。

委員:イベントの収支見込みは提出させているのか。

→提出させている。

委員:利用料の金額は。先般開催された約2週間のイベントではどのくらいの収入となるか。

→1平方メートル1日12円。約2週間のイベントで30万円弱の収入となる。

委員:占用料の見直しは定期的に行っているか。

→定期的に行っている。

委員:甲府駅南口の管理者はどこか。南口とのイベントの連携などは考えているか。

→甲府駅南口の管理者は山梨県である。現状、県は南口を指定管理としていないため、連携できる状況では無い。

委員:ペデストリアンデッキ、駐車場など、一つ一つの要素に分け、別々の指定管理者へ管

理させることは出来ないか。受けるほうは管理箇所が多く、大変ではないか。

→一体的に指定管理させることで、費用の削減が見込めると考えている。

【審議結果】

原案通り承認された。

 

5.その他

庶務担当よりスケジュールの確認

→第2回目の選定委員会は11月13日(火曜日)に開催の旨を確認。

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

まちづくり総室総務課庶務係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎8階)

電話番号:055-237-5797

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る