• 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合い変更
  • Foreign Language

遊亀公園附属動物園

甲府にユキヒョウがやってきます。

ここから本文です。

更新日:2017年2月20日

甲府にユキヒョウがやってきます

このたび、甲府市では初めてとなるユキヒョウの「ミュウ」が、名古屋市東山動植物園より来園します。

当初は昨年の12月に搬入する予定でしたが、国内の鳥インフルエンザの発生により延期しておりました。現在の状況をみて再度調整を行った結果、3月6日に搬入することとなりました。

なおミュウを搬入後しばらくは、ミュウの体調にあわせて環境にならしていきます。

皆様への公開時期につきましては、改めてお知らせいたしますので、ミュウが甲府の環境になれてもらえるよう、静かに見守っていただければと思います。

ユキヒョウは、中央アジアの山岳地帯に生息しており、白く長い毛並みと太いしっぽが特徴の魅力的なヒョウです。美しいユキヒョウをぜひご覧いただき、ユキヒョウをとりまく環境への関心を深めていただければと思います。

 

ミュウ

ミュウ近影【写真提供:名古屋市東山動植物園】

個体情報
  • 名前:ミュウ
  • 性別:メス
  • 生年月日:2003年5月4日生まれ(13才)
経歴
  • 2003年5月4日:東京都多摩動物公園で産まれる
  • 2004年3月23日:神戸市立王子動物園へ移動
  • 2012年2月29日:名古屋市東山動物園へ移動
来園予定日

平成29年3月6日

公開日

未定

※ユキヒョウの体調などにもよりますが、早く市民の皆さんにお披露目できるよう徐々にこちらの生活に慣らしていきます。公開できるようになりましたら、ホームページなどでお知らせしますので、もうしばらくお待ちください。

現在の国内飼育頭数

10園館21頭(甲府市遊亀公園附属動物園で11園館目)

ユキヒョウについて
  • 英名:SnowLeopard
  • 分類:食肉目(しょくにくもく)(ネコ目)ネコ科
  • 学名:Unciauncia
  • 絶滅危惧種のため、ワシントン条約などで商取引が制限されている。
  • 標高600-6,000メートルの中央アジアに生息。
  • 生息数:3000~5000頭(野生の姿を目にする事は稀である)