ホーム > ZoomUp > ZoomUp 2017年 > 2017年3月号 寒い日はヤギを見て癒されましょう

ここから本文です。

更新日:2017年2月24日

2017年3月号 寒い日はヤギを見て癒されましょう

日向ぼっこを楽しむやぎ

現在、動物園には4頭のシバヤギがいます。今年で13才になる「カリン」と12才になる「ユズ」、そしてユズの娘で4才になる「こむぎ」と「マイ」です。
ヤギは冬から春先にかけて、暖かい下毛が生えて毛並みがフサフサしています。また、ヤギには4つの胃があるのですが、このうち食べたものが一番始めに通る大きな胃の中には、草を消化するための微生物がいっぱいいます。この微生物が草を分解する際に発生する発酵熱で、ヤギのおなかはいつもポカポカなんです。
天気の良い日には、獣舎のブロックの上で日向ぼっこをしながら、えさを口の中でモグモグかみ戻したりしている姿が見られます。だんだんと暖かくなってきましたが、寒い日は4頭でくっつき暖をとる、“のほほん”としたヤギたちを見ることができますよ。

 

動物取扱業業者登録について