ホーム > よくある質問 > 税金 > 納税証明 > 税に関する証明書の発行について教えてください。

更新日:2016年5月7日

ここから本文です。

税に関する証明書の発行について教えてください。

質問

税に関する証明書の発行について教えてください。

回答

【個人市民税、法人市民税、軽自動車税】
■主な証明書の種類及び内容
1.課税証明書:総収入額・総所得額・所得控除額の内容(扶養人数を含む)、市・県民税の税額を証明
※「課税証明書」は申告していただければ、所得や課税がなくても交付できます。
2.所得証明書:総収入額・総所得額のみを証明
3.非課税証明書:課税額がゼロであることのみを証明
4.納税証明書(市・県民税、法人市民税、軽自動車税):指定された年度の税目の課税額とその納付状況を証明
5.車検用納税証明書:軽自動車の継続検査に必要な証明
6.所在証明書:甲府市内にある法人の所在地を証明
■発行場所
市役所本庁舎2階市民課、3階市民税課、及び各窓口センター(ただし、法人に関する証明書は本庁舎3階市民税課、及び各窓口センターで取得可能)
■請求するときに必要なもの
証明書は本人、同一世帯の家族の方または本人の代理人に発行しています。
証明書の請求時に必要なものは次のとおりです。
・本人または同一世帯の家族の方が請求する場合
窓口に来られた方の本人確認書類(運転免許証など)
・代理人が請求する場合
委任状(車検用納税証明書を代理人が請求する場合に限り、車検証でも可能)
窓口に来られた方の本人確認書類(運転免許証など)
・法人が請求する場合
代表者印もしくは代表者印が押印された申請書または委任状
窓口に来られた方の本人確認書類(運転免許証など)
■主な証明書の手数料
・課税証明書、所得証明書、非課税証明書、市県民税納税証明書、法人市民税納税証明書、軽自動車税納税証明書、所在証明:1件につき300円
・車検用納税証明書:無料

【固定資産税】
■主な証明の種類及び内容
1.評価証明:1筆又は1棟ごとの評価額を記載したもの。土地家屋は別で3筆3棟ごと1件
2.公課証明:1筆又は1棟ごとの税相当額を記載したもの
3.台帳証明:1筆又は1棟ごとの主な台帳事項を記載したもの
4.登録(課税)証明:所有者の土地家屋が台帳に記載されていることの証明
5.無資産証明:申請者が固定資産課税台帳に登録されていないことの証明
6.納税証明書:指定年度の課税額と納税額を記載したもの。1名義(納税通知書)ごと1件
7.名寄帳(固定資産課税台帳):名義ごとの土地家屋一覧表の閲覧又は写しの交付。1名義(納税通知書)ごと1件
8.住宅家屋証明:登録免許税軽減用(租税特別措置法第72条他)1申請書で1件
■発行場所
市役所本庁舎3階資産税課窓口(納税証明のみ市役所2階市民課窓口及び各窓口センターにて取得可能
■請求する時に必要なもの
証明書は、本人(同居の親族を含む)またはその代理人に発行しています。
証明書の請求時に必要なものは次のとおりです。
・本人(同居の親族を含む)が請求する場合
窓口に来られた方の本人確認の書類(運転免許証など)
・代理が請求する場合
委任状および窓口に来られた代理人の本人確認の書類(運転免許証など)
■証明手数料
・評価証明、公課証明、台帳証明、登録(課税)証明、無資産証明、納税証明、名寄帳の写しは1通300円
・住宅家屋証明書は1通1,300円

注意

市税を納めた後、あまり日を置かずに納税証明書などを請求する場合、納税いただいた旨の通知が金融機関から届いていないこともありますので、お手数ですが、念のため領収書をお持ちください。

お問い合わせ

市民税課 電話055-237-5399
資産税課 電話055-237-5429

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る