ホーム > 歴史 > 武田二十四将 > 一条右衛門太夫信竜(Ichijo Nobutatsu, Uemon-no-Tayu)

ここから本文です。

更新日:2021年3月1日

いちじょううえもんのたゆうのぶたつ
一条右衛門太夫信竜(Ichijo Nobutatsu, Uemon-no-Tayu)

 一条信竜

いちじょううえもんのたゆうのぶたつ
一条右衛門太夫信竜

  • ?~天正10年(1582)3月10日
  • 信玄の異母弟で甲斐源氏の一条氏を継ぎ、御一門衆として信玄も厚い信頼を寄せ、100騎もの兵力を率いていた。駿河侵攻に際しては、田中城代、駿府城代などを務め、外交面でも活躍した。織田・徳川氏による甲斐侵攻の際には、本拠地とした上野城(山梨県市川三郷町)で徳川家康と戦い戦死した。

 

Ichijo Nobutatsu, Uemon-no-Tayu
  • Born ? ― Died Mar 10, 1582
  • As Shingen's younger half-brother, he would succeed the Ichijo clan, a branch of the Kai Genji clan. Shingen placed much faith in him, and he was given a calvary unit of 100 men to lead. During the attack on Suruga, he protected Tanaka and Sunpu Castles, and performed other duties including diplomacy. He died defending the vital Ueno Castle (the remains of which exist in Ichikawamisato, Yamanashi) during Oda and Tokugawa's advance on Kai.