ホーム > 歴史 > 武田二十四将 > 飯富兵部少輔虎昌(Obu Toramasa, Hyobu-no-Sho)

ここから本文です。

更新日:2021年1月19日

おぶひょうぶのしょうとらまさ
飯富兵部少輔虎昌(Obu Toramasa,Hyobu-no-Sho)

 飯富兵部少輔虎昌

おぶひょうぶのしょうとらまさ
飯富兵部少輔虎昌

  • ?~永禄8年(1565)10月15日 
  • 信虎・信玄の二代にわたって武田家を支え、宿老として活躍した。天文22年(1553)には北信濃を攻略するための重要拠点だった塩田城代となった。信玄の嫡男義信の補佐役だった虎昌は、義信と共に謀反の疑いをかけられ、成敗された。

 

Obu Toramasa, Hyobu-no-Sho

  • Born ? ― Died Oct 15, 1565
  • Toramasa served the Takeda clan as a trusted elder for two generations, from the time of Takeda Nobutora to that of his son Shingen. In 1553, he was entrusted with Shioda Castle, a strategic point for the conquest of northern Shinano. Later in life, when serving as an advisor to Shingen's eldest son Yoshinobu, he and Yoshinobu were accused of conspiring to rebel and sentenced to ritual suicide.