ホーム > 歴史 > 武田二十四将 > 三枝勘解由左衛門尉昌貞(Saigusa Masasada, Kageyuzaemon-no-Jo)

ここから本文です。

更新日:2021年1月19日

さいぐさかげゆざえもんのじょうまささだ
三枝勘解由左衛門尉昌貞(Saigusa Masasada, Kageyuzaemon-no-Jo)

 三枝昌貞

さいぐさかげゆざえもんのじょうまささだ
三枝勘解由左衛門尉昌貞

  • 天文7年(1538)~天正3年(1575)5月21日
  • 三枝氏は、古代以来甲斐に居住していた豪族の家柄で、昌貞は若いころより信玄の奥近習衆に加えられ、側近として育てられた。その後足軽大将に抜擢され、山県昌景の寄子として活躍した。長篠の戦いでは、本隊とは別に長篠城の監視部隊として、鳶ヶ巣山攻防戦に加わるが、敵の挟撃を受けて戦死した。

 

Saigusa Masasada, Kageyuzaemon-no-Jo

  • Born 1538 ― Died May 21, 1575
  • Masasada was born to the Saigusa clan, which had long held power in Kai Province. From a young age, he was a close confidant Shingen and grew up at his side. As an adult, he was picked to lead ashigaru foot soldiers and performed admirably under the supervision of Yamagata Masakage. During the Battle of Nagashino, Masasada was taking part in a unit monitoring Nagashino Castle. He joined the fight on Mt. Tobigasu, but was caught in a pincer attack and died in combat.