ホーム > 歴史 > 武田二十四将 > 武田刑部少輔信廉(Takeda Nobukado, Gyobu-no-Sho)

ここから本文です。

更新日:2021年3月1日

たけだぎょうぶのしょうのぶかど
武田刑部少輔信廉(Takeda Nobukado, Gyobu-no-Sho)

 武田信廉

たけだぎょうぶのしょうのぶかど
武田刑部少輔信廉

  • 天文元年(1532)~天正10年(1582)3月7日
  • 信玄の実弟で、信繁とともに信玄を支え信濃深志城代や高遠城代などを務めた。出家後は逍遥軒と名乗り、若い顔ぶれの並ぶ御一門衆のなかで、長老格として武田家を支えた。武人でありながらも、芸術家としての功績が大きく、父信虎や母大井夫人を描いた肖像画が市内の寺院に残されている。

 

Takeda Nobukado, Gyobu-no-Sho
  • Born 1532 ― Died Mar 7, 1582
  • Nobukado was Shingen's youngest brother from the same mother. Like Nobushige, he worked to support Shingen, managing castles such as Fukashi Castle and Takato Castle. After entering the priesthood, he took the name Shoyoken, but continued to assist the young remaining successors to the Takeda clan as their elder. Accomplished in arts both martial and visual, the portraits he drew of his father Nobutora and mother Ooi can still be found in Kofu temples.