ホーム > 歴史 > 武田二十四将 > 武田典厩信繁(Takeda Nobushige, Tenkyu)

ここから本文です。

更新日:2021年3月1日

たけだてんきゅうのぶしげ
武田典厩信繁(Takeda Nobushige, Tenkyu)

 武田典厩信繁

たけだてんきゅうのぶしげ
武田典厩信繁

  • 大永5年(1525)~永禄4年(1561)9月10日
  • 信玄と同じく大井夫人を母親に持ち、実弟として御一門衆筆頭の立場であった。信玄からの信頼が厚く、全軍の総大将を務めることがあり「副将」とも称された。高い教養を兼ね備え、武田氏の分国法「甲州法度之次第」を補足する「家訓九十九ヶ条」を息子信豊に与えている。永禄4年(1561)の川中島の合戦では、信玄を守るために奮闘し、戦死した。

 

Takeda Nobushige, Tenkyu

  • Born 1525 ― Died Sept 10, 1561
  • Nobushige was born to the same mother as Shingen, Lady Ooi, and was next in line to inherit the clan. With Shingen's deep trust, at times Nobushige led all of their total forces and was known as the second-in-command. Well-educated, he wrote the Ninety-Nine Articles, a set of disciplines supplementing the Takeda clan's regional laws, for his son Nobutoyo. During the Battle of Kawanakajima in 1561, Nobushige sacrificed himself in battle as part of Shingen's vanguard.