ここから本文です。

更新日:2020年1月28日

大神宮祭

2月3日の節分には各地で大神宮祭が開かれています。甲府三大祭りの1つである大神宮祭は、甲府盆地に春の訪れを告げるおまつりとして、古くから「大神(だいじん)さん」と呼ばれ、親しまれています。

横近習(よこきんじゅ)大神宮、柳町大神宮では豆まきも行われ、夕方から夜遅くまで、商売繁盛・家内安全などを願うたくさんの人々でにぎわいます。

日時:令和2年2月3日(月曜日)夕方~

場所:横近習大神宮(中央2丁目)、柳町大神宮(中央4丁目)

/welcome/saijiki/images/daijinsan_s.jpg

大神宮祭マップ(別サイトへリンク)

daijin2

 

 

【追儺式(鬼払いの儀式)】
18時
【鬼を払い福を招く豆まき】
①18時30分頃、②18時55分頃、③19時20分頃、④19時40分頃、⑤20時頃、⑥20時20分頃

 

お祭りの詳細につきましては、吉字屋本店ホームページ(別サイトへリンク)をご覧ください。

同時開催【春の節分祭り】

お祭りをつくろう!春の節分祭り

個性豊かな、ONIのツノに絵付け体験をしたり、どんど焼き会場では、小枝に紅白のだんごを付けた繭だんごをお配りします。

  • ONI(オニ)のツノ絵付け体験:15時から20時
  • どんど焼き:18時から20時

詳しくは、繭の森プロジェクトホームページ(別サイトへリンク)をご覧ください。

 

交通規制について

※お祭り当日は会場周辺で交通規制がございます。

詳細につきましては、交通規制図をご確認ください。

2020大神宮祭交通規制図(PDF:225KB)

 

 

 

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。