ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 熱中症を予防しましょう

更新日:2017年6月6日

ここから本文です。

熱中症を予防しましょう

熱中症とは

熱中症とは、高温多湿な環境の下で、体内の水分や塩分(ナトリウム)などのバランスが崩れたり、調整機能が破たんするなどして発症する障害の総称で、死に至る可能性もあります。

予防法を知っていれば防ぐことができますし、応急処置を知っていれば救命することもできます。

熱中症を引き起こす条件

出典:熱中症環境保健マニュアル

熱中症は、梅雨の合間に突然気温が上昇した日や梅雨明け後の蒸し暑い日など、体が暑さに慣れていない時期に多くの方が発症しています。また、若年層はスポーツ時の発症が多く、働き盛りの年代では主に炎天下での発症が多いことが報告されています。高齢者は室内においての熱中症発症が多く報告されており、日常生活での注意が大切です。

熱中症を予防する日常生活の工夫

暑さを避けましょう

日かげを選んだり、すだれ、カーテンなどで直射日光を防ぎ、風通しをよくしましょう。

服装を工夫しましょう

汗を吸って服の表面から蒸発させることができる、綿や麻素材の衣類がよいでしょう。また、クールビズを実行しましょう。

こまめに水分を補給しましょう

体温を下げるためにはしっかりと汗をかくことが重要です。暑い日は知らず知らずのうちにじわじわと汗をかいているので、こまめに水分を補給しましょう。

急に暑くなる日に注意しましょう

急に暑くなった日に屋外で過ごした人や、久しぶりに暑い環境で活動した人は、熱中症になりやすいので注意しましょう。

暑さに備えた体づくりをしましょう

暑い日が続くと、体がしだいに暑さに慣れてきます。日ごろから汗をかく習慣を身につけていれば、熱中症にかかりにくくなります。

個人の体調を考慮しましょう

熱中症の発症はその日の体調が影響します。また、病気の方や、子ども・高齢者は熱中症を発症しやすく、配慮が必要です。

*熱中症を予防する日常生活の工夫(PDF:247KB)

熱中症予防5つの声かけ

飲み物を持ち歩こう

⇒熱中症予防には水分補給が肝心です。いつでもどこでも水分補給ができるように、飲み物を持ち歩きましょう。

休息をとろう

⇒夏に頑張りすぎは禁物です。疲れている時は熱中症にかかりやすいので、休息をとるようにしましょう。

声をかけ合おう

⇒体力がないお年寄りや子どもは、熱中症にかかりやすいです。自分の体調に気をつけるとともに、まわりの人にも気を配り、声をかけ合いましょう。

栄養をとろう

⇒きちんと食事をとることも熱中症予防になります。

温度に気をくばろう

⇒暑さに敏感になりましょう。からだで感じる暑さと実際の気温は異なることがあります。

熱中症の症状

1.度(軽症):めまい・立ちくらみがある、筋肉のこむら返りがある(痛い)、汗をふいてもふいても出てくる

2.度:頭ががんがんする(頭痛)、吐き気がする・吐く、からだがだるい(倦怠感)

3.度(重症):意識がない、体がひきつける(けいれん)、呼びかけに対し返事がおかしい、まっすぐに歩けない、

体温が高い

熱中症の手当て

木の下で冷やす(1)涼しい環境へ避難する

風通しのよい日陰や、クーラーが効いている室内などに避難しましょう。

 

クーリング(2)脱衣と冷却をする

衣服を脱がせたり、皮膚に水をかけてうちわや扇風機で扇ぐことでより体を冷やします。

また、氷のうなどを頚部(首)・脇の下・足の付け根(股関節部)に当てることで効果的に体を冷やすことができます。

ペットボトル(3)水分・塩分の補給をする

意識がはっきりしている場合、冷たい水を与えます。大量の発汗があった時は、汗で失われた

塩分も適切に補えるスポーツドリンクなどが最適です。

 

救急車(4)医療機関へ運ぶ

意識がはっきりしていない場合、口からの水分補給は間違って気道へ入ってしまう危険があります。また、吐き気・嘔吐の症状がある場合の水分補給は止めて医療機関へ搬送します。

 

 

幼い子どもや高齢者は重症化しやすい

幼い子どもは体温調節機能がまだ十分発達しておらず、暑いといった訴えもあまりありません。買い物などで子どもが寝ているからといって車内に残していくのは短時間でも非常に危険です。

幼児の熱中症予防のポイントは、まず、子どもの様子を十分観察することです。顔が赤く大量の汗をかいているときは涼しい環境で休息をとるようにしましょう。服装は環境条件に応じて保護者が選択し、着脱を促しましょう。また、こまめに水分をとり、日頃から暑さに慣れるよう外遊びをさせましょう。

高齢者は暑さを感じにくくなり、衣服の調節や冷房の利用が遅れがちになります。また、熱を放散する能力が低いため、体に熱がたまり易く深部体温が上昇します。暑くなると皮膚への血流量が増加し心臓に戻ってくる血流量が少なくなるので、それを補うため心拍数が増加し心臓の負担が大きくなり、心疾患を持つ高齢者はトラブルを起こしやすくなります。

高齢者は部屋に温度計を置き室内温度をこまめにチェックするよう心がけるとともに、日頃より運動習慣を身につけ体温調節能力を維持しましょう。そして、のどが渇いていなくても早め早めに水分をとるようにしましょう。

「ひと涼み」しませんか

市役所本庁舎、市内各公民館、福祉センター、図書館、病院など市内の公共施設では、皆さんが「ひと涼み」できるようロビー等を開放した「クールシェア・スポット」を開設しています。

暑い日などは無理をなさらずにぜひ活用ください。

*クールシェア・スポット協力施設一覧(PDF:203KB)

暑さ対策について

甲府市ではさまざまな暑さ対策を行っています。詳しくは甲府市では「暑さ」に対する取り組みを行っていますをご覧ください。

熱中症予防の関連リンク

環境省熱中症予防情報サイト(別サイトへリンク)

熱中症予防声かけプロジェクト(別サイトへリンク)甲府市では熱中症予防声かけプロジェクトに参加しています

環境省熱中症環境保健マニュアル(別サイトへリンク)

厚生労働省熱中症関連情報(別サイトへリンク)

ひと涼みアワード2016において甲府市が『優良企画賞』を受賞しました

詳しくはひと涼みアワード2016において甲府市が『優良企画賞』を受賞をご覧ください。

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健総室健康衛生課保健センター

〒400-0858 甲府市相生2丁目17番1号(南庁舎2号館1・2階)

電話番号:055-237-2586

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る