ホーム > 健康・福祉・子育て > 健康・医療 > 骨髄移植ドナー助成事業について

更新日:2018年4月1日

ここから本文です。

骨髄移植ドナー助成事業について

 甲府市では、平成30年度から、骨髄等移植の推進とドナー登録者の増加を図ることを目的に、公益財団法人日本骨髄バンクが実施する骨髄バンク事業において、骨髄・末梢血幹細胞移植の提供者(ドナー)となった方に助成金を交付します。

ドナー登録にご協力ください!

 骨髄移植や末梢血幹細胞移植は、白血病や再生不良性貧血などの病気によって、正常な造血ができなくなってしまった患者さんの造血幹細胞を、健康な方の造血幹細胞と入れ替えることで、造血機能を回復させる治療法です。

移植を必要としている方は、全国で毎年2,000人を数えます。

(「日本骨髄バンク」ホームページより)

ドナー登録ができる方

  • 骨髄・末梢血幹細胞の提供の内容を十分理解している方
  • 年齢が18歳以上54歳以下で、健康な方
  • 体重が男性45kg以上、女性40kg以上の方

※ただし、骨髄・末梢血幹細胞を提供できる年齢は、20歳以上55歳以下であり、提供にあたってはご家族の同意が必要です。また、規定された既往症や健康状態に当てはまる方は、ドナー登録をご遠慮いただく場合があります。

ドナー登録の流れ

  1. 「骨髄バンクドナー登録申込書」に記入・署名のうえ、最寄りの献血ルームへ持参する(登録手続きには15分ほどかかります)
  2. 腕の静脈から約2mlを採血し、HLA型の検査を行う(検査費用はかかりません)
  3. 後日、日本赤十字社から「登録確認書」が郵送される

<骨髄バンクドナー登録申込書はこちらから>

日本骨髄バンク(別サイトへリンク)

<甲府市でのドナー登録はこちらへ>

甲府献血ルーム「グレープ」(別サイトへリンク)

助成金交付対象者

 助成金の交付の対象となる方は、次の各号のいずれにも該当する方です。

(1)骨髄バンクが実施する骨髄バンク事業にドナー登録を行い、骨髄等の提供を完了し、これを証明する書類の交付を受けた方

(2)骨髄等を提供した日において、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)に基づき本市の住民基本台帳に記録されている方

(3)骨髄等の提供に係る休暇制度を設けている企業、団体等に属していない方

(4)他の自治体が実施する骨髄等の提供に係る助成金等の交付を受けていない方

(5)市税の滞納がない方

助成内容

 骨髄等の提供のための通院・入院等に要した日数について、1日につき2万円、1回の骨髄等の提供につき14万円を限度として助成します。

(1)健康診断のための通院

(2)自己血貯血のための通院

(3)骨髄等の採取のための入院

(4)その他骨髄バンク又は医療機関が必要と認める通院、入院及び面接

申請期限

 骨髄等の提供が完了した日から90日以内

必要書類

 助成金の交付を希望する方は、甲府市骨髄移植ドナー助成金交付申請書兼請求書(第1号様式)(PDF:46KB)に次に掲げる書類を添えて、甲府市健康増進課に提出してください(持参または郵送)。

(1)骨髄バンクが発行した骨髄等の提供が完了したことを証明する書類

(2)骨髄等の提供に係る通院又は入院した日を証明する書類

(3)市税を滞納していないことを証明する書類

(4)健康保険証の写し

(5)振込先口座が確認できる書類

(6)その他市長が必要と認める書類

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉保健総室健康増進課予防係

〒400-0858 甲府市相生2丁目17番1号(南庁舎2号館1階)

電話番号:055-237-2587

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る