ホーム > くらし > 戸籍・住民の手続き > 住居表示について

更新日:2017年10月3日

  • 庁舎案内
  • よっちゃばれ!甲府の魅力、大集合!大好き!こうふ市

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

住居表示について

従来の住所は地番を使用していたため、分筆や合筆が何度も行われることで地番が不連続となり、住所を表示するには非常にわかりづらくなってしまいました。

特に、多くの住宅が建設された市街地などでは、目的地までたどり着くのに時間がかかったり、集配物の誤配達があったりするなど、市民生活に不便が生じてきました。

そこで、昭和37年5月10日に施行された「住居表示に関する法律」に基づき、町の区域を明確にするとともに、一定の方式により順序良く番号をつけ、その番号を住所として使うことにより、市民生活の利便性を向上させることができるようになりました。

  表記例  実施前    甲府市○○町○○○○番地○

           実施後    甲府市○○一丁目(町)○○番○○号

住居表示の決め方

甲府市の住居表示は街区方式によって行います。住居表示図

「街区方式」とは、道路、河川、水路、その他恒久的な施設等によって区画された地域(街区)に符号を付け、街区内にある建物等に住居表示のための番号を用いて表示する方法です。

街区番号は、数字を用いて中央本線の側線を境にして、南側の町は北東の角、北側の町は南西の角をそれぞれの街区を起点とし、符号基準は原則として起点左蛇行方式で番号をつけます。

住居番号は、この分けられた街区の周囲を15メートル間隔で区切り、起点を定めて中央本線より南側の町の街区は北東の角、北側の町は南西の角のそれぞれを起点とし、右回りに整然と番号をつけます。この街区の中にある建物はその出入口が道路のどの部分に当たるかによって番号が決まります。

そのため、家が隣り合っていても出入口が離れていれば番号は離れることがあります。その逆に、出入口が近ければ同じ番号になることもあります。

住居表示の届出

甲府市では、「甲府市住居表示に関する条例」の第3条において下記区域内に「新築や建て替え」「取壊し」「出入り口の変更」をした際に、届出が義務付けられています。

届出は、建物の外壁や玄関口が完成した時点で市民課住民記録係までお願いします。

この届出をしませんと、住所変更の手続ができなかったり、大きな支障となりますので、必ず届出をしてください。

また、住所変更の届出は新しい住所に住み始めてから14日以内になりますのでご注意ください(住み始める前に住所変更はできません。) 。

住居表示実施区域(五十音順)※○○丁目は省略

相生・青沼・青葉町・朝気・朝日・荒川・飯田・池田・伊勢・太田町・大手・音羽町・金竹町・上石田・北口・北新・貢川    貢川本町・国母・寿町・幸町・酒折・里吉・塩部・下飯田・下石田・下河原町・城東・新田町・砂田町・住吉・善光寺        高畑・宝・武田・大和町・千塚・中央・長松寺町・天神町・東光寺・徳行・富竹・中小河原・中村町・西田町・富士見        丸の内・美咲・緑が丘・南口町・宮前町・屋形・湯田・湯村・蓬沢・若松町

  (注意)酒折町・里吉町・善光寺町・東光寺町・中小河原町・蓬沢町及び、湯村三丁目の一部は住居表示の対象外です詳しくはお問い合わせください。

 

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

市民総室市民課住民記録係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎2階)

電話番号:055-237-5354

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る