ホーム > まち・環境 > 住まい > 耐震 > 甲府市耐震改修促進計画について

更新日:2017年4月7日

ここから本文です。

甲府市耐震改修促進計画について

 計画の目的

甲府市耐震改修促進計画は、市内の建築物の耐震診断及び耐震改修を促進することにより、建築物の地震に対する安全性の向上を図り、今後予想される地震災害から市民の生命、財産を守ることを目的として策定しました。

平成28年3月、「建築物の耐震改修の促進に関する法律」が平成25年5月29日に改正されたことなどに伴い、所要の見直しを行いました。

計画の期間

平成20年度から平成32年度末までの13年間

地震ハザードマップには、揺れの強さを「地震階」として表した「揺れやすさマップ」と揺れが生じた場合の建物に被害が生じる程度を「危険度」として表した「地域の危険度マップ」があります。
それぞれ、甲府市内を50mのメッシュで区切り、市周辺で想定されている地震のうち下記の地震において、それぞれ最大の数値を表しています。

  • 「東海地震」
  • 「釜無川断層による地震」
  • 「藤の木愛川断層による地震」
  • 「曽根丘陵断層による地震」

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

まち開発室建築指導課指導係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎7階)

電話番号:055-237-5828

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る