ここから本文です。

更新日:2017年9月28日

ぶどう

1186年、岩崎(勝沼)の雨宮勘解由(かげゆ)が異常に発達した野生ぶどうを発見して移植培養したのが始まりと伝えられますが、突然変異説や遣唐使による中国からの渡来説など諸説あります。

特産品になったのは江戸時代から。1695年「本朝食鑑」という本では、ぶどうの産地として甲州を第1としています。明治時代には甲州種のほか、西洋種の導入やワインの醸造も行われるようになり、さらに生産量を伸ばしました。

主なぶどうの種類です。食べたことありますか?

巨峰(きょほう)

巨峰の画像

ぶどうの王様巨峰は人気No.1!大粒でとてもあま~い!

ネオマスカット

ネオマスカットの画像

さわやかな香りがあり、独特のうまみが大人気!

甲州

甲州の画像

適度な酸味で、日本の白ワインの原料ぶどうNo.1。

デラウェア

デラウェアの画像

栽培面積No.1。種無しぶどうとして最も親しまれている。

ぶどう狩りの画像

市内ぶどう園では7月から11月までぶどう狩りを楽しめます。

ぶどう狩りのページへ