ここから本文です。

更新日:2017年9月28日

おざら

おざら

おざら(おだら)は郷土料理の一つです。ほうとうと冷や麦の間ぐらいの太さの冷やした麺を、温かいつゆにつけて食べます。

お米が尊かった時代には、夏の暑い時のごちそうとして作られました。

おざらを作ってみよう!

材料(4人分の麺)

うどん粉

400g(1人100g)

180cc(粉100gに対して45ccが基本)

小さじ1弱(塩と水は混ぜておく)

打ち粉

片栗粉(うどん粉でもよい)

※そのほか、つゆの具になるお好みの野菜(にんじん、たまねき、しいたけなど)、油揚げ、鶏肉または豚肉などと酒、砂糖、醤油、だし汁などの調味料

ボウルに粉と塩水を入れ、耳たぶくらいの柔らかさになるまで10分ほどこねる(水が足りない場合は少し水を加える)。体重をかけて、ひたすらこねる。

ボウルから出して、さらに10~15分ほどこねる。

 

ビニール袋の中で30分(冬は1時間)ねかせる(袋の空気は抜いて)。

袋から出して、両手で少しずつ回しながら何度か裏返し、30cmぐらいになるまで広げる。

打ち粉をして、おざらの中央から奥の方へ厚さが平均になるように、のし棒でのす。

奥へ転がして手前に引く、を20回ほどくり返し、四角く、厚さが5mmほどになるまでのす。

 

多めに打ち粉をして、半分に折って打ち粉、さらに折って打ち粉をし、半分に切る。

3~4mmほどの幅に切り、麺がくっつかないように打ち粉をしておく。

 

麺の打ち粉をはらって、沸騰したたっぷりの湯にほぐしながら入れる。7~8分ほどゆで、あげたら2回水洗いして、水を切ってできあがり!

 

おつゆは千切りにしたにんじんや玉ねぎ、しいたけ、油揚げなど具がたくさん入った醤油味。煮干しなどでとっただし汁に酒、砂糖、醤油などを加えてお好みの味にととのえる。

豚肉や鶏肉を入れてもコクがでておすすめ!