ホーム > 市政情報 > 市の概要 > 本庁舎フロア案内 > 甲府の自然環境を活かした設備

更新日:2013年5月7日

ここから本文です。

甲府の自然環境を活かした設備

  • 日射量の多い甲府市の特性を活かし、屋上・『ブドウ棚』に設置した太陽光パネルで発電します。
    発電量は市庁舎では日本最大級の300kwです。
  • 屋上緑化により冷房負荷を低減します。
  • 自然採光・自然通風を行いやすい計画とし、快適に生活できる室内環境です。
  • 甲府市の豊かな資源である地中熱を熱源として利用します。熱交換用のパイプを地中に挿入し、熱交換により得られた冷水・温水を1階の床冷暖房に活用します。
  • 地下ピット内に外気取り入れ用の換気ダクトを通すことで、年間を通じて安定した温度の外気を取り入れます(クールウォームピット)。これにより空調設備の更なる省エネルギー化を図ります。
  • 東西面は西日などの遮へいに配慮し窓を少なく、南面は夏の強い日差しを室内に入れないためにひさしを設けるなど、方角ごとに異なる日射環境に呼応した外装デザインです。また、Low-Eガラスを採用することで、冷暖房の負荷を低減します。

甲府の自然環境を活かした設備

 

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

契約管財室管財課庁舎係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎5階)

電話番号:055-237-5197

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る