ホーム > よくある質問 > 子育て > 保育園・認定こども園 > 保育料について(兄弟姉妹入所・減免・ひとり親家庭)

更新日:2017年9月4日

ここから本文です。

保育料について(兄弟姉妹入所・減免・ひとり親家庭)

質問

(1)兄弟姉妹が同時に入所している場合、保育料(利用者負担額)はどうなりますか?

(2)保育料の減免制度について教えてください。

(3)ひとり親家庭は、保育料が無料になりますか?

回答

(1)【保育所部分の場合(2、3号認定)】小学校就学前の範囲内に子どもが2人以上居る場合、最年長の子どもを第1子、その下を第2子と数えます。
第1子は全額負担となりますが、第2子は半額、第3子以降は無料となります。
※ただし、第1子が小学校就学前の範囲外になった場合(成長して小1以上になった場合)は、それまで第2子だったお子さんを第1子と数えます。

【幼稚園部分の場合(1号認定)】年少から小学校3年までの範囲内に子どもが2人以上いる場合、最年長の子どもを第1子、その下の子を第2子と数えます。
第1子は全額負担となりますが、第2子は半額、第3子以降は無料となります。
※ただし、第1子が年少から小学校3年までの範囲外になった場合(成長して小4以上になった場合)は、それまで第2子だったお子さんを第1子と数えます。



(2)失業・疾病・災害など特別な事情により、著しく収入が減少などして、保育料の支払いにお困りの場合については、申請により保育料が減免される場合があります。お気軽にご相談ください。


(3)母子または父子家庭というだけで、保育料は無料にはなりません。
母子または父子家庭および在宅障害者がいる世帯において、市区町村民税が非課税であれば、保育料は無料となります。
また、児童扶養手当を受給している世帯の保育料を軽減しています。

詳しくは、関連ページをご覧ください。

お問い合わせ

子ども保育課電話055-298-4473

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る