ホーム > よくある質問 > 福祉 > 介護保険 > 介護保険サービスを利用した際の負担について教えてください。

更新日:2018年8月1日

ここから本文です。

介護保険サービスを利用した際の負担について教えてください。

質問

介護保険サービスを利用した際の負担について教えてください。

回答

・介護サービスを利用した際の負担について
介護保険のサービスを利用した際にかかった費用の1割(一定以上の所得者は2割または3割)を利用者が負担します(利用者負担、自己負担額)。
その他の日常生活費などは全額利用者が負担するとともに、施設に入所(短期入所を含む)した場合は食費・居住費(滞在費)、通所サービスを利用した場合は食費も全額利用者が負担します。
介護保険料を滞納した場合は、利用者負担が3割となる場合があるほか、高額介護(予防)サービス費や特定入所者介護サービス費、高額医療合算介護(予防)サービス費等の給付を受けることができなくなります。

・介護保険施設等に入所した際の食費、居住費等について
介護保険施設等に入所(短期入所を含む。)している一定の要件を満たした低所得者の食費及び居住費(滞在費)は、申請により交付される「介護保険負担限度額認定証」を提示することで減額されます。
負担限度額認定に該当しなかった方については、サービス提供事業所と契約した際に決められた金額を支払います。

・高額介護(予防)サービス費について
1か月に支払った利用者負担の合計が一定の上限額を超えた場合は、申請により高額介護(予防)サービス費が支給されます。
この場合の利用者負担には、施設における食費・居住費(滞在費)や日常生活費、その他保険給付外のサービスに係る費用、福祉用具購入費や住宅改修費の利用者負担は含まれません。
なお、同一世帯に複数の要介護者等がいる場合は、世帯全体の利用者負担が合算されます。
また、所得によって一定の上限額が異なります。

・高額医療合算介護(予防)サービス費について
高額介護(予防)サービス費や医療保険の高額療養費を差し引いた1年間(8月1日~翌年7月31日)の介護・医療保険の利用者負担の合計が、一定の上限額を500円以上超えた場合に、その超えた額が申請により高額医療合算介護(予防)サービス費として支給されます。

・申請により利用者負担が軽減される制度について
経過措置について
(1)介護保険法施行時(平成12年4月1日)に従来から介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)に入所していた方(旧措置入所者)
(2)障害者総合支援法によるホームヘルプサービスを境界層該当により利用者負担0円で利用している方

社会福祉法人等による利用者負担の軽減について
低所得者が社会福祉法人等の行うサービスを利用した際の利用者負担が、申請により軽減されます。
収入や世帯の状況等を総合的に判断して、生計が困難な者として市が認めた方が対象となります。

甲府市独自の助成について
(1)甲府市要介護者等の利用者負担の助成
所要の低所得対策を講じてもなお、利用者負担が困難と認められる低所得者(老齢福祉年金受給者等)に対して、保険適用分の利用者負担の2分の1を申請により助成します。

お問い合わせ

長寿支援室介護保険課保険給付係
〒400-8585甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎2階)
電話番号:055-237-5480

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る