ホーム > よくある質問 > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > 固定資産の土地や家屋の所有者が死亡した場合について教えてください。

更新日:2018年7月26日

ここから本文です。

固定資産の土地や家屋の所有者が死亡した場合について教えてください。

質問

固定資産の土地や家屋の所有者が死亡した場合について教えてください。

回答

死亡された年度の課税については、甲府市役所資産税課へお問い合わせください。翌年度以降の固定資産税の課税にあたっては次により納税義務者を認定し課税することとなります。

・死亡した方が所有していた固定資産について相続などで年内に所有権の移転登記が終了した場合
 翌年度は登記された新しい所有者が納税義務者となります。
・年内に登記をすることができない場合
 賦課期日(1月1日)現在の所有者を認定するため、「相続人代表者指定届」の届出をお願いしております。これに必要書類を添付していただき、甲府市役所資産税課に届け出ください。「相続人代表者指定届」は、甲府市役所資産税課にあります。

お問い合わせ

資産税課証明係:電話055-237-5429

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る