ホーム > よくある質問 > 妊娠・出産 > 妊娠 > 市外の医療機関などで妊婦健診を受診した場合でも、健診費用の助成は受けられますか?

更新日:2019年4月1日

ここから本文です。

市外の医療機関などで妊婦健診を受診した場合でも、健診費用の助成は受けられますか?

質問

市外の医療機関などで妊婦健診を受診した場合でも、健診費用の助成は受けられますか?

回答

山梨県内の医療機関などで妊婦健診を受ける場合は、甲府市妊婦一般健康診査受診票が利用できます。里帰り出産などにより県外にある医療機関などで妊婦健診を受診し、健診費用を負担した場合には、出産後1年以内に手続きをすることで、健診費用の一部について助成を受けることができます。
手続きには、下記の書類が必要です。
提出書類及び添付書類
・甲府市妊婦一般健康診査費助成金交付申請書
・銀行預金口座振込登録申請書
・母子健康手帳
・妊婦一般健康診査受診票原本(甲府市が発行したもの)
・市外医療機関などを受診した際の領収書
・銀行預金通帳(妊婦名義のもの)
・申請者(受領者)の印鑑(朱肉の使えるもの)
費用の受領を代理人(夫など)が行う場合には、別途委任状が必要になります。
詳しくは母子保健課(子育て世代包括支援センター)へお問い合わせください。

お問い合わせ

母子保健課(子育て世代包括支援センター)
電話:055-237-8950

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る