ホーム > お問い合わせフォーム一覧 > よくある質問 > 戸籍・住民の手続き > 引越しに関する手続き > 市内で転居するとき、住所変更の手続きはどうしたらいいですか?

更新日:2020年10月1日

ここから本文です。

市内で転居するとき、住所変更の手続きはどうしたらいいですか?

質問

市内で転居するとき、住所変更の手続きはどうしたらいいですか?

回答

市内の中で転居した場合、以下のような住所変更の届け出が必要になります。
・提出書類 転居届
・届出窓口 市民課住民記録係
・必要なもの 国保、国民年金、子ども手当て、介護保険、後期高齢者など該当の方は、受給者資格証などの住所変更も必要となりますので、お持ちください。届け出者の本人確認書類(運転免許証など)
・届出期間 転居をした日から14日以内
代理人手続きの場合
転居届は代理人の方に依頼しても手続きができますが、委任状が必要です。ただし、同じ世帯の方が届け出をする場合は、委任状は不要です。
15歳未満の方のみの住所変更の場合は、原則親権者からの委任状が必要です。
委任状の様式は下記「関連リンク」内からダウンロードできます。なお親権者からの委任状については市民課までお問合せください。

注意

新築・建替えの場合で住居表示区域では、事前に住居番号設定届出書が必要になります。所有者または施工業者が届出をしてください。調査終了後住み始めてから転居の手続ができます。

お問い合わせ

市民課住民記録係 電話055-237-5354

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る