ホーム > 消費生活相談 > 相談事例一覧 > 不用品があれば何でも買い取ると電話がきた(訪問買取)

ここから本文です。

更新日:2017年5月12日

不用品があれば何でも買い取ると電話がきた(訪問買取)

相談内容

「不用品はあるか。何でも買い取る」と突然電話がきた。ちょうど不用品があったので後日来訪してもらう約束をした。来訪時、業者の男性は用意しておいたものに目をとおした後、「貴金属はないか」と聞いてきた。「ない」と答えると、「何もないはずはない」等、しつこく言われたので、仕方なく金のネックレスを見せたところ、「それを売ってほしい」と言われた。断ったが男性の様子が怖く、早く帰って欲しかったため、諦めて売却してお金を受け取った。業者が帰った後、売ってしまったことに対する後悔が強くなった。後日「返してほしい」と連絡したが、「すでに手元にない。クーリング・オフはできない」と断られた。本当にクーリング・オフはできないのか。

相談員からのアドバイス

訪問した業者に貴金属等を買い取られる「訪問買取」に関する相談が寄せられています。
平成25年2月21日より、訪問買取についてもクーリング・オフが導入され、法律で定められた書面を受け取った日を含めて8日以内であれば無条件に取り戻すことができるようになりました。また、クーリング・オフ期間中は物品の引渡しを拒むこともできます。ただし、クーリング・オフが適用されない商品もあるので注意が必要です。何よりまず、売却したくない場合はきっぱりと断りましょう。困ったときは、消費生活センターにご相談ください。

ご相談ください!

甲府市消費生活センター
〒400-8585 山梨県甲府市丸の内一丁目18番1号 甲府市役所本庁舎4階
電話番号:055-237-5309
月曜日~金曜日 午前9時~午後4時(水曜日は午後6時まで)
相談受付時間外は、消費者ホットライン「188(いやや)」をご利用ください。(年末年始を除く)