更新日:2019年3月29日

ここから本文です。

ジカウイルス感染症(ジカ熱)について

流行状況

  • 平成28年12月16現在、米国テキサス州キャメロン郡ブラウンズビル市において蚊が媒介したジカウイルス感染症の感染例が確認されており、米国CDCは当該地域への妊婦等の立ち入りを延期するよう勧告を行っています。
  • 平成28年11月18日現在、WHOによりジカウイルス流行地域における小頭症及び神経障害の集団発生についての緊急事態宣言の終了が発表されました。これを受け外務省では感染症危険情報を取り下げましたが、発生国・地域に渡航・滞在する際には、厳重な防蚊対策を講じるなど、引き続き注意が必要です。
  • 平成28年9月3日現在、マレーシアにおいてジカウイルス感染症の国内感染例が報告され、ジカウイルス感染症の流行地域に追加されました。
  • 平成28年8月29日現在、シンガポールにおいてジカウイルス感染症の国内感染事例が報告され、ジカウイルス感染症の流行地域に追加されました。
  • 平成28年8月2日現在、米国フロリダ州マイアミ市の一部の地域で、ジカウイルス感染症に係る事例が報告されています。また、米国CDCは妊婦等に対し当該地域に立ち入らないよう注意喚起を行っています。

各地域の流行状況は、海外安全ホームページのスポット情報をご覧になってください。→外務省海外安全ホームページ感染症スポット情報(別サイトへリンク)

ジカウイルス感染症とは?

ジカウイルス感染症は、ジカウイルスが感染することにより起こる感染症で、軽度の発熱、発疹、結膜炎、筋肉痛、関節痛、倦怠感、頭痛などが主な症状です。

ジカウイルスは母体から胎児への垂直感染を起こすことがあり(先天性ジカウイルス感染症)、小頭症などの先天性障害を起こす可能性があるとされています。

どのようにして感染するの?

ジカウイルスを持った蚊がヒトを吸血することで感染します(蚊媒介性)。基本的に、感染したヒトから他のヒトに直接感染するような病気ではありませんが、稀なケースとして、献血や性行為による感染が指摘されています。

渡航を予定されている方へ

妊娠中の方につきましては、流行国地域には渡航しないことが望まれますので、海外へ渡航される際には最新の流行国地域の情報を入手し、行き先を慎重に検討してください。

また、妊娠を予定されている方につきましては、海外へ渡航される際には最新の流行国地域の情報をもとにリスクを十分検討し、特に流行国地域においては厳格な防蚊対策を行うなど、慎重に対応してください。

現在、アフリカ、中央・南アメリカ、アジア太平洋地域でジカウイルス感染症が発生し、近年は中南米等で流行しています。ジカウイルス感染症の流行地域についてはこちらから→ジカウイルス感染症の流行地域(厚生労働省)(別サイトへリンク)

 


 

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

健康支援センター医務感染症課感染症係

〒400-0858 甲府市相生2丁目17番1号(健康支援センター2号館2階)

電話番号:055-237-8952

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る