ホーム > くらし > 保険・年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険制度の概要

更新日:2016年8月18日

ここから本文です。

国民健康保険制度の概要

国民健康保険とは何ですか?

皆さんが思いがけない病気やケガをしたとき、安心して治療が受けられるように、日頃から保険料を出し合い、お互いに助け合うためにつくられた制度が国民皆保険(こくみんかいほけん)です。
そのうち国民健康保険は、職場を退職したり、健康保険の扶養からはずれたなど、いずれの健康保険にも加入していない人が、加入しなければならない制度です。

お医者さんにかかるときはどれくらい負担するの?

国保加入者が病気やケガをしたとき、国民健康保険証により保険医(病院・医院)の診察、薬剤、入院(食事療養及び生活療養に要する費用を除く)など必要な医療を受けることができます。このような場合、次の一部負担金を支払います。

【一部負担金(自己負担割合)】

年齢

負担割合

70歳~74歳のうち一定以上所得者

3割

70歳~74歳

昭和19年4月2日以降生まれの人

2割(平成26年4月1日から)

70歳~74歳

昭和19年4月1日以前生まれの人

1割

就学児から69歳

3割

未就学児

2割

  • 退職者医療制度の対象者は、一般被保険者と同じ負担割合です。
  • 後期高齢者医療対象者の方は、高齢者福祉のページをご覧ください。
  • 甲府市に住所のある中学生以下の医療制度は、子育て支援のページをご覧ください。

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

市民総室国民健康保険課経営係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎2階)

電話番号:055-237-5362

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?

このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る