更新日:2018年10月24日

ここから本文です。

高齢受給者証

国民健康保険に加入している70歳から74歳までの方には、高齢受給者証を交付いたします。

医療機関等を受診される際は、必ず「保険証」と一緒のご提示をお願いします

ただし、一定の障害認定を受け、後期高齢者医療制度の適用を受けている方は除きます。

障害認定を受けている方、又は75歳以上の方は「後期高齢者医療制度」を参照してください

医療費が高額になる方については「高額療養費」を参照してください

窓口での自己負担割合

70歳~74歳の方(詳しくは下記参照)

昭和19年4月1日

以前に生まれた方

昭和19年4月2日

以降に生まれた方

現役並所得者※1

1割

2割

3割

※1同一世帯に現役並みの所得(住民税課税所得が145万以上)がある70歳から74歳の国保被加入者がいる方

適用時期および交付方法

1日生まれの方は70歳になる月の1日から、2日以降生まれの方は70歳になる月の翌月1日から適用となります。
70歳になる方には、適用月の前月下旬に高齢受給者証を自宅へ郵送します。

有効期限

毎年7月31日が有効期限となります。次年度の高齢受給者証は7月中旬に自宅へ郵送します。

自己負担割合の判定基準

1.住民税課税標準額による判定

70歳から74歳の国保加入者の住民税課税標準額

判定

全員が145万円未満

2割または1割

1人でも145万以上の方がいる場合 国保加入者に昭和20年1月2日以降生まれの方がいる

3割(2.参照)

国保加入者に昭和20年1月2日以降生まれの方がいない

3割(3.参照)

 

 

2.基礎控除後の総所得額(旧ただし書き課税所得※2)による判定

平成27年1月以降、新たに70歳となる方(誕生日が昭和20年1月2日以降の方)がいる世帯のうち、70歳から74歳の国保加入者の旧ただし書き課税所得の合計額が210万円以下の場合は、2割(1割)となります。

70歳から74歳の国保加入者の基礎控除後所得額(旧ただし書き課税所得)の合計額

判定

210万円以下

2割または1割

210万円を超える

3割(3.参照)

※2「旧ただし書き課税所得」とは、前年の総所得金額と山林所得、株式の配当所得、土地・建物などの譲渡所得金額の合計から住民税の基礎控除(33万円)を引いた額です。

 

旧ただし書き課税所得=前年の総所得金額等※3―住民税の基礎控除額

※3総所得金額に以下の項目が含まれている場合はご注意ください。

退職所得:含みません。

雑損失の繰越控除:控除しません。

分離・長期譲渡所得の特別控除:控除します。

 

3.収入による判定

基準収入額の合計額が下表に該当する場合は、下記の必要書類を添えて申請することにより、申請月の翌月から2割(または1割)になります。

70歳から74歳の国保加入者

基準収入額※4

判定

1人の場合

383万円未満

2割または1割

特定同一世帯所属者※5を含めた収入の合計が520万未満

383万円以上

3割

2人以上の場合
(全員の収入の合計)

520万円未満

2割または1割

520万円以上

3割

※4「基準収入額」とは所得税法に規定する、必要経費や各種控除を差し引く前の収入額のことです。

※5「特定同一世帯所属者」とは、国保に加入されていた方で、後期高齢者医療制度へ移行した後も引き続き同じ世帯に属している方のことです。なお、世帯主変更などがあった場合は、特定同一世帯所属者ではなくなります。

【申請に必要なもの】

(※ただし該当年度の1月1日において当市に住所がある方の公的年金収入の書類は添付不要です。)

  • 印鑑

自己負担割合の変更

自己負担割合は世帯で決定します。同一世帯の国保加入者のうち、70歳以上で所得が変更になった場合や転居等で世帯構成が変更となった場合は改めて自己負担割合を判定しますので、現在の割合が変更になることがあります。

【自己負担割合を再判定する場合】

  • 所得が変更になった人がいるとき
  • 住所異動により、世帯構成が変更となったとき
  • 国民健康保険の加入・脱退により、加入者数に増減があったとき
  • 70歳を迎える国保加入者が世帯におり、高齢受給者証の交付対象者が増加したとき
  • 75歳を迎える国保加入者が世帯におり、高齢受給者証の交付対象者が減少したとき
  • 高齢受給者証の定期更新時(毎年8月1日)

自己負担割合判定にかかる調整控除

高齢受給者証の一部負担金の割合は、市町村民税における各種控除後の課税所得金額を用いて判定しますが、次の条件を満たした場合は、市町村民税における各種控除後の課税所得金額から更に一定の控除を行った後の金額で、一部負担金の割合を判定します。

【調整控除の条件】

条件

前年12月31日時点で70歳から74歳の方が世帯主であること。

前年12月31日時点で同じ世帯に合計所得が38万円以下の19歳未満の国保加入者がいること

控除金額

16歳未満の国保加入者の数×33万円

16歳以上19歳未満の国保加入者×12万円

 

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

市民総室国民健康保険課給付係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎2階)

電話番号:055-237-5371

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る