更新日:2018年4月1日

ここから本文です。

保険料

1.保険料の決定方法

保険料は、「山梨県後期高齢者医療広域連合」の議会において決定された条例で定める「賦課限度額」や「保険料率」に基づき「山梨県後期高齢者医療広域連合」が決定します。皆様には、所得に応じて算定される「所得割」と、平等に負担していただく「均等割」の合計額を保険料として納付していただきます。保険料率は、2年ごとに見直されます。平成30年度および平成31年度の保険料率は以下のとおりです。

保険料年額(10円未満切捨)=均等割額(定額)40,490円+所得割額{所得-33万円(基礎控除額)}×7.86%

※賦課限度額62万円

2.保険料の納付方法

広域連合で決定された保険料は、甲府市が定める納期によって次の方法で納付していただくことになります。
なお、保険料の徴収は甲府市が行います。

(1)特別徴収

年金からの天引きにより保険料を納めていただきます。被保険者の方には原則として特別徴収により納付していただくことになります。

(2)普通徴収

原則として「特別徴収」により保険料を納付していただくことになっていますが、次の方は甲府市が発行する納入通知書や口座振替などによって納めていただくことになります。

  • 年金額が年額18万円未満の方
  • 介護保険料と後期高齢者医療保険料の合計額が、年金受給額の2分の1を超える方

3.保険料の軽減(平成30年度)

後期高齢者医療では、世帯の所得に応じて均等割額が次のとおり軽減されます。

均等割額が軽減される世帯

軽減割合

同一世帯内の被保険者及び世帯主の総所得金額等が

基礎控除額(33万円)を超えない世帯で、被保険者全員が年金収入80万円以下(その他各種所得がない)の世帯

9割

基礎控除額(33万円)を超えない世帯

8.5割

基礎控除額(33万円)+27.5万円×世帯の被保険者数を超えない世帯

5割

基礎控除額(33万円)+50万円×世帯の被保険者数を超えない世帯

2割

※公的年金を受給されている方は、判定時に15万円が控除されます。

※均等割が5割、2割軽減される対象者となる方の所得の範囲が拡大されました。

被用者保険の元被扶養者に係る軽減

後期高齢者医療制度の資格を取得した日の前日に、職場の健康保険などの被扶養者だった方は、保険料の均等割額が5割軽減されます。(平成29年度までの均等割は、特例的に7割軽減されていましたが、平成30年度は5割軽減になります。)なお、所得割額は課せられません。ただし、従前の健康保険が国民健康保険及び国民健康保険組合である場合は対象となりません。

※元被扶養者であっても世帯の所得が低い方は、均等割の軽減(9割軽減、8.5割軽減)が受けられます。

4.保険料の減額または免除

災害などにより重大な損害を受けたときやその他の特別な事情により生活が著しく困窮し、保険料を納めることが困難な方については、申請していただくことにより、保険料が減額または免除になる場合があります。

保険料仮徴収額通知書の発送について

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

長寿支援室高齢者福祉課医療係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎2階)

電話番号:055-237-5617

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る