更新日:2019年9月26日

  • 庁舎案内
  • よっちゃばれ!甲府の魅力、大集合!大好き!こうふ市

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

太宰治

太宰が新婚時代を過ごしたまち・甲府

昭和14年、作家・太宰治は井伏鱒二の仲人により、甲府の女性・石原美知子と結婚。甲府市御崎町(現:朝日5丁目)で新婚時代を過ごし、『富嶽百景』『女生徒』『新樹の言葉』などの作品を執筆しました。
三鷹へ移り住んだ後も度々、甲府市内の夫人の実家や湯村温泉を訪れ、執筆活動を行いました。甲府に疎開中、「甲府空襲」に遭い、その時の体験を『薄明』に執筆しています。

甲府市内には今も太宰ゆかりの場所が残っています。太宰の足跡をたずねてみませんか?

市内の太宰ゆかりの場所(甲府市観光ガイド・太宰治ページ)

桜桃忌

太宰の命日(遺体が発見された日)で、誕生日でもある6月19日は、太宰を偲び、墓所のある禅林寺(東京都三鷹市)などで「桜桃忌」が行われます。
太宰が滞在した御坂峠の天下茶屋で行われる「山梨桜桃忌」のほか、太宰が新婚時代を過ごした、甲府市内のゆかりの地でも「甲府桜桃忌」が開催されます。

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る