ホーム > 女性活躍 > チャレンジ女性の紹介 > 2019年度チャレンジ女性の紹介

更新日:2020年3月23日

ここから本文です。

2019年度チャレンジ女性の紹介

本表彰は、市内に在住・在勤で、活躍している女性を公募し、雇用事業者の推薦(事業者自身の推薦も可)による応募を受け、選考委員会の審査を経て、決定した方々に対し、行うものです。

令和元年度の受賞者は、下記に記載の3名の方となりました。県外からの移住者であるとか、子育て中であるとか、雇用環境の厳しい時期に起業した等、それぞれの方が置かれた環境の中で、大変なご努力の下、ご活躍されておられ、ロールモデル性、先駆性、特筆性等の観点から高い評価を受け、受賞されることとなりました。今後とも、ますます、御活躍されますよう、ご期待申し上げます。

落合洋子様

県外から移住し、子育てをしながら未経験だった農業分野にチャレンジし、率先して新技術の導入や農機具捜査の資格取得による機械化等を進め、今や、ブドウの栽培面積を自身の従事前の3倍まで拡大し、遊休農地の解消にも尽力している。地元における信頼も厚く、甲府市の農業委員をはじめ、母子相談員等、多くの地域役員を務め、農業に携わる女性たちにとってのロールモデルとなっている。長年にわたり、地域情報誌の取材編集発行に携わり、有益な情報の提供に向け、日々奮闘している。

小林和美様

社会保険労務士として、豊かな知識経験と女性目線を取り入れ行う、自治体や企業等での講演は、高い評価と実績がある。特に契約企業における人事労務の総合コンサルタント業務では、メンタル不調者の大幅削減や業務改善、生産性向上等、企業における様々な課題の解決に、多大な成果を挙げている。また、大学や自治体等での外部委員も多く歴任している。社会保険労務士の業界においても、業務の活発化に向け、新たなチャレンジ推進の中心的存在としてリーダーシップを発揮している

渡辺郁様

「ドアを叩いてくれた人すべてに応えたい」との想いを社名に込め、製造業への外国人派遣を主要事業としながら、外国人労働者など入園が特に難しい保護者向けに保育園を開設し、安心して働ける環境づくりを整備している。また、甲府警察署と締結の「災害時の外国人支援協定」による災害時の多言語支援をはじめとして、観光案内所の社内開設による情報提供など、外国人向けの支援事業も行っている。さらに、県内の高校や大学において、キャリア教育の講師を務める等、後進の育成への取り組みにも注力している。

 

 2019年度 甲府市女性活躍推進「チャレンジ女性」表彰者名 

氏名 勤務先
落合洋子 落合農園
小林和美 社会保険労務士 小林和美事務所
渡辺郁 株式会社 アンサーノックス

 

 

 

(五十音順敬称略)