ホーム > くらし > 税金 > 固定資産税・都市計画税 > 共有資産の代表者選定について

更新日:2019年4月26日

ここから本文です。

共有資産の代表者選定について

共有資産に係る代表者選定基準は次の通りです

1.新規に物件を共有する場合の優先順位

(1)物件所在地に居住している者

(2)市内に居住している者

(3)共有持分の多い者

(4)同一世帯上、納税義務者となりうる者(世帯主や親等)

(5)登記簿の所有権に関する事項に記載されている順

2.既に物件を共有していて、代表者が変更となる場合

  • 代表者が共有持分を喪失した場合

(共有持分のみを変更した場合、及び共有代表者以外に変更があった場合には、代表者の変更は行いません)

3.その他

  • 相続により共有資産となった場合において、「相続人代表者指定届」が提出されている場合には、その相続人代表者を共有資産の代表者とします
  • 土地及び家屋所有形態が同じで、家屋調査時に代表者の指定があった場合には、その方を代表者とします
  • 共有者間において、新たに代表者を選定した場合もしくは、代表者を変更することとした場合は、資産税課へ「共有物件に係る納税代表者の変更届出書」を提出することにより、代表者を変更することができます
  • 共有資産の納税通知書及び納付書は、共有名義一つにつき一通を当該代表者に送付するものとします

 


 

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

課税管理室資産税課土地係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎3階)

電話番号:055-237-5407

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る