ホーム > 難病支援について > 災害時への備え

更新日:2020年3月31日

  • 庁舎案内
  • よっちゃばれ!甲府の魅力、大集合!大好き!こうふ市

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

災害時への備え

 近年、全国各地で自然災害が猛威を振るい、甚大な被害が発生しています。甲府においても、平成26年2月には観測史上最多となる114㎝の積雪を記録し、甚大な被害を受けたほか、東海地震発生の切迫性も危惧されています。

 災害時、救援体制が整うまでには、3日間を要すると言われています。災害が発生した際に適切に対応するために、日頃より災害への備えを行っておくことが大切になります。

甲府市の防災情報についてはこちら(別サイトへリンク)

自助

①安否確認の方法 171伝言ダイヤル、甲府市防災アプリの活用等
②避難場所の確認 市内の指定避難所・指定避難地はこちらを確認
③非常持ち出し物品の確認 お薬手帳、保険証、受給者証、人工呼吸器のバッテリー等

 お薬手帳を活用しましょう!

 お薬手帳があれば、災害等の状況においても、過去に使用した薬や現在使っている薬について正確に伝えることができます。

共助

①協力者のリストアップ 自宅周辺で避難時に協力してくれる方を確認
②甲府市避難行動要支援者名簿への登録 (詳細は下記参照)

避難行動要支援者名簿への登録をしましょう!

 災害時、自分自身では避難などの防災行動が困難な在宅の難病の方を対象に、「避難行動要支援者名簿」への登録を行っています。対象者には、「個人情報提供に関する同意書」をお渡ししますので、提出をお願いします。

※平常時からの情報提供に同意をいただけた方については、登録情報を自主防災組織(未結成の場合は自治会)の責任者や民生委員・児童委員、市社会福祉協議会、消防本部、警察に提供し、災害時に支援を行える体制づくりに活用します(災害時には、同意をいただけない方の情報についても提供が行われます)。

避難行動要支援者名簿について詳しくはこちら

人工呼吸器・在宅酸素使用者の方の災害時個別支援計画の作成

 在宅で、人工呼吸器・在宅酸素を使用している方には、災害時個別支援計画の作成を勧めています。災害時個別支援計画を立てることで、災害時、ご本人様・ご家族様と関係機関(ケアマネジャー・訪問看護・訪問介護等)と円滑に情報共有し、速やかな避難行動がとれるよう支援します。(計画の作成について希望がある方に、地域保健課 地域保健係の地区担当保健師が訪問又は電話し、災害時個別支援計画の作成を行います。)

甲府市健康支援センター 地域保健課 地域保健係

電話番号:055-237-1173

ヘルプマーク・ヘルプカードを活用しましょう!

 義足や人工関節を使用している難病患者で、援助や配慮を必要としていることが外見から分かりづらい方のため、周囲の方に配慮を必要としていることを知らせることで、援助を得やすくするヘルプマーク・ヘルプカードを配布しています。

ヘルプマークについて詳しくはこちら

ヘルプカードについて詳しくはこちら

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

健康長寿室地域保健課地域保健係

〒400-0858 甲府市相生2丁目17番1号(健康支援センター2号館1階)

電話番号:055-237-2505

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る