ホーム > いきいきライフ > かめじぃのこうふのツボ > 歴史 > かつては広大だった甲府城!

更新日:2016年8月26日

ここから本文です。

かつては広大だった甲府城!

甲府城は武田氏の滅亡後、豊臣秀吉配下の大名によって築かれ、慶長5(1600)年ごろに完成したと言われています。

現在は本丸を中心とした一部が残っているだけですが、かつての甲府城の内城(内堀内側)は、平和通りやJRの線路の北側にまで達し、20ha(東京ドーム約4個分)ほどの広さがありました。また、城の一番外側の堀「三の堀」は今の地図に置き換えると、北は武田1丁目、南は若松町、東は金手駅、西は相川まであったようです。

明治6年の廃城令によって、甲府城は内城のみ残してほかは市街地化されることになり、甲府駅や県庁が建てられました。明治37年からは舞鶴城公園として市民に開放されています。

画像:大正~昭和初期の甲府城跡のお堀の風景。橋が架かっている付近は現在のスクランブル交差点周辺。奥に見える門は旧制甲府中学の校門(『写真集甲府物語』より)

 

甲府城地図

地図:3つの堀によって基本的に住む場所が分けられ、お城を中心に武士は内堀~二の堀の間に、商・職人などの町人は二~三の堀の間に住んでいました。「三の堀」内の区域は「甲府城下町遺跡」と呼ばれています。

画像:昭和5年に旧制甲府中学の跡地に完成した山梨県庁舎と城跡周辺(『写真集甲府物語』より)

城内に温泉があった!

「温泉楽屋曲輪(がくやくるわ)の御門前、水道に湧出つ。御城内なれば何病に應ずると云事は分明ならざれ共、眼病に効有といふ」(『裏見寒話』より)

古い文献によると甲府城には温泉が湧いていたようです(現在の県庁の庭あたり)。冷泉で脚気・眼病に効果があったと言われています。城内に温泉が湧いていたのは全国的にもとても珍しいそうですよ!

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る