ホーム > まち・環境 > 環境 > 外来生物 > ナガエツルノゲイトウ(特定外来生物)について

更新日:2022年11月14日

  • 庁舎案内
  • よっちゃばれ!甲府の魅力、大集合!大好き!こうふ市

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

ナガエツルノゲイトウ(特定外来生物)について

拡大力・再生力が非常に強く、生態系や農業への悪影響のおそれがあるナガエツルノ

ゲイトウが、初めて山梨県内で発見されました。

ナガエツルノゲイトウは、日本の生態系に重大な影響を及ぼすおそれがある植物として、

外来生物法により「特定外来生物」に指定され、栽培、運搬等が禁止されています。

ナガエツルノゲイトウとは

南米原産の多年草で、4月〜10月に開花し球形の白い花を咲かせます。

花の直径は1〜1.5cm、葉の長さは2.5〜5cmで1〜4cmほどの長い花柄

が特徴です。

主に水路、河川、ため池、水田、畦畔、畑などに生育します。

平成17年に外来生物法に基づく「特定外来生物」に指定され、生きたまま

の運搬や栽培、譲渡などが原則禁止されました。

 

駆除の方法

根や茎が残ると再生する恐れがあるため、完全な駆除には抜き取りが必要です。

引き抜いたものは丈夫な袋に入れ、しっかりと口を縛って腐らせる、又は、数日間

天日にさらして枯死させる等した後で、速やかに甲府市におけるごみの分別方法

に従って処分してください。

関連リンク
▶「ナガエツルノゲイトウ(特定外来生物)について」(山梨県ホームページ)(外部サイト)

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

環境対策室環境保全課環境保全係

〒400-0831 甲府市上町601番地4

電話番号:055-241-4312

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る