更新日:2019年7月11日

  • 庁舎案内
  • よっちゃばれ!甲府の魅力、大集合!大好き!こうふ市

マイメニュー

マイメニューの機能は、JavaScriptが無効なため使用できません。ご利用になるには、JavaScriptを有効にしてください。

ここから本文です。

未熟児養育医療

養育医療給付とは

生まれたときの体重が2,000g以下であるか、または医師の診断により生活力が薄弱であって一定の症状を有している乳児に対し、指定養育医療機関において入院養育を必要と認めた場合に医療費の一部を助成します。

給付の申請

申請は退院前に行ってください。また出生後1か月以上経過しての申請は遅延理由書の提出が必要になります。

必要書類

(1)養育医療給付(継続)申請書(第1号様式)(PDF:78KB)

(2)養育医療意見書(第2号様式)(PDF:109KB)

(3)世帯調書(第3号様式)(PDF:32KB)

(4)課税状況を明らかにする書類(生計を同一にする家族全員)

確定申告者:「確定申告書の控え」(第1表と第2表)

給与所得者:「源泉徴収票」

非課税者:所得課税証明書もしくは市県民税特別徴収税額の通知書

※1月~5月に申請する場合は前々年、6~12月に申請する場合は前年の書類になります。

(5)対象児が加入予定の保護者の保険証

(6)対象児の保険証

(7)委任状(第4号様式)(PDF:94KB)下記「一部負担金について」参照

(8)対象児の乳幼児医療費受給者証等(委任状を提出する場合は併せて提出。)

(9)遅延理由書(出生後1か月以上経過しての申請の場合に必要。申請の際に窓口でお渡しします。)

・(1),(2),(3),(7),(9)については母子保健課窓口にも用意してあります。 

給付の内容について

承認されると出生から退院までの入院治療にかかる保険診療の自己負担分が公費負担となります。入院中の食事療養費も公費負担に含みます。ただし、所得に応じて一部自己負担金(下記「一部負担金について」参照)が生じます。

保険適用外の費用(差額ベッド代・文書料等)は公費負担の対象外です。

また養育医療給付は指定養育医療機関で受けた治療費に限られます。

なお、受給期間中に市外に転出された場合は、新しい住所地での申請が必要になります。

一部負担金について

養育医療給付が決定すると一部負担金が生じます。この一部負担金は、お子さんの入院日数及び世帯の課税所得税額などに応じて月毎に決定されます。

一部負担金は、乳幼児医療費助成制度等の対象になるため、養育医療給付の申請の際に委任状を提出することで、市が保護者に代わって一部負担金を乳幼児医療費助成制度等へ請求することができます。これにより保護者は一部負担金の一時払いと還付手続きを行う必要がなくなります。

委任を希望される場合は、乳幼児医療費助成制度等の資格証の交付を受けてから養育医療給付の申請をしてください。

委任を希望されない場合や、乳幼児医療費助成制度等が受けられない場合には、一部負担金は保護者へ請求されます。

問い合わせ先

母子保健課(子育て世代包括支援センター)

電話:055-237-8950

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

子ども未来総室母子保健課母子保健係

〒400-0858 甲府市相生2丁目17番1号(南庁舎2号館1階)

電話番号:055-237-8950

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る