ホーム > 健康・福祉・子育て > 福祉 > 高齢者福祉 > 甲府市市民後見人養成研修

更新日:2020年9月14日

ここから本文です。

甲府市市民後見人養成研修

 

 甲府市では、平成28年度から市民後見人の養成をしています。

 山梨県立大学や甲府市社会福祉協議会と連携して市民後見人養成研修を実施しています。

 

 ○令和2年度受講者用スケジュール(ワード:37KB)

 

 

 ●成年後見制度について

 ○成年後見制度について(別サイトへリンク)(動画:裁判所ホームページ)

  ※成年後見制度についてや手続きの方法などについて説明しています。

 ○後見人の仕事について(別サイトへリンク)(動画:裁判所ホームページ)

  ※実際の後見人の仕事(事務)について説明しています。

 

市民後見人養成研修のながれ

ステップ1

  やまなし市民後見人養成基礎講座(PDF:1,300KB)

  ↑ 令和2年10月24日(土)スタートの講座の詳細日程はこちら

  山梨県立大学が山梨県民に向けて広く開催している講座です。

  全6回の構成で、弁護士や司法書士、社会福祉士などが講師となり、

  成年後見制度について基礎から学ぶことができます。

 

ステップ2

  「フォローアップ研修Ⅰ」

  甲府市社会福祉協議会に委託して実施しています。

  甲府市の障がい者や高齢者、介護などに関する地域の現状を中心とした講義です。

 

ステップ3

  「実践研修」

  甲府市社会福祉協議会に委託して実施しています。

  座学をはじめとする、施設における実習や、レピートなどの研修を行っています。

 

ステップ4

  「日常生活自立支援事業支援員としての活動」

  甲府市社会福祉協議会が実施している日常生活自立支援事業の支援員として実際に市民への支援活動をします。

 

スッテプ5

  「フォローアップ研修Ⅱ」

  甲府市社会福祉協議会に委託して実施しています。

  支援員等としての活動の中で、少し立ち止まって考えるための講座です。

  座学やロールプレイなど講座内容は様々です。

  市民後見人、上記の日常生活自立支援事業支援員、実践研修修了者などで活動中の方は毎年受講可能です。

 

市民後見人活動バンク

 

 

 市民後見人養成講座をすべて修了した方で市民後見人として活動することを希望される方は、

 

 甲府市市民後見人活動バンクへの登録が必要となります。

 登録するためには、毎年1回甲府市にて開催している候補者選考委員会を経る必要があります。

 

 また、甲府市市民後見人活動バンクの登録者は、甲府市社会福祉協議会が行っている

 法人後見の支援員として、一定期間、甲府市社会福祉協議会とともに後見活動を行います。

 

 法人後見の支援員としての活動をしていく中で、市民後見人の活動へつなげていく予定です。

 

認知症支援ボランティア養成講座のご案内

 

 

 甲府市では、年に2回、認知症支援ボランティア養成講座を開催しています。

 

 この講座における1級は、市民後見人養成研修の基礎研修(ステップ1)から実践研修(ステップ3)

 までに該当しています。

 

 

 成年後見制度の利用を始める理由の約半数は認知症が原因疾患となっています。

 

 認知症に関する知識を正しく持つことは市民後見人としての活動にも役立つこともありますので、

 ぜひ受講をご検討ください。

 

 ○ 認知症支援ボランティア養成講座

 

 ※なお、本年度は新型コロナウイルス感染症拡大防止の観点から前期講座は中止となっています。

 

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

福祉支援室高齢者福祉課高齢者支援係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎2階)

電話番号:055-237-5613

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る