ホーム > 市政情報 > 予算・財政 > 財政 > 新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金の活用について

更新日:2023年4月1日

ここから本文です。

新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金の活用について

新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金の概要

新型コロナウイルスの感染拡大を防止するとともに、感染拡大の影響を受けている地域経済や住民生活を支援し地方創生を図るため、地方公共団体が地域の実情に応じてきめ細やかに必要な事業を実施できるよう、「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金」(以下、「臨時交付金」といいます。)が令和2年度に創設されました。
この臨時交付金は、新型コロナウイルス感染症への対応として必要な、以下を目的とした事業であれば、原則として使途に制限はありません。

  • 感染拡大の防止
  • 雇用の維持と事業の継続
  • 経済活動の回復
  • 強靭な経済構造の構築
  • ポストコロナに向けた経済構造の転換・好循環の実現

加えて、コロナ禍において原油価格や電気・ガス料金を含む物価の高騰の影響を受けた生活者や事業者の負担の軽減を目的とした「コロナ禍における原油価格・物価高騰対応分」や、エネルギー・食料品価格等の物価高騰の影響を受けた生活者や事業者への対策を一層強化するため、「電力・ガス・食料品等価格高騰重点支援地方交付金」が創設されました。

本市では、この臨時交付金を活用し、新型コロナウイルス感染症に関する緊急対応として

  • 感染拡大の防止と対策機能の強化
  • 市民生活への影響の抑制
  • 経済活動の不安の縮小化

を柱に据え、地域経済や市民生活への支援等の取組を行っています。

臨時交付金の詳細については、内閣府のホームページをご覧ください。

年度 金額
令和2年度交付決定額 2,557,850千円
令和3年度交付決定額 1,474,305千円
令和4年度交付決定額 1,641,074千円

新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を財源として実施する事業(予定を含む)の実施計画は次のとおりです。

新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金の活用状況について

新型コロナウイルス対応地方創生臨時交付金を活用して実施した事業については、事業終了後に事業の実施状況及びその効果について、ホームページへの掲載等によりその内容を一般に閲覧できるようにするなど、広く透明性を持った手法で公表することとされていることから、次のとおり公表します。

新型コロナウイルス感染症に関する対応策

新型コロナウイルス感染症に関する対応策については、次のページをご覧ください。

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

企画財務総室企画財政課企画財政係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎6階)

電話番号:055-237-5292

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る