ホーム > 甲府市からのスマート通信 > 「ゼロカーボンシティ」宣言

ここから本文です。

更新日:2021年3月19日

「ゼロカーボンシティ」宣言

「2050年温室効果ガス(二酸化炭素)排出実質ゼロ」を目指します

甲府市は令和3年2月15日に山梨県主催の「ストップ温暖化やまなし会議」において、山梨県と県内全市町村とともに「ゼロカーボンシティを目指すことを表明しました。

近年、猛暑や豪雨被害など地球温暖化による気候変動の影響が深刻化しています。IPPC(国連の気候変動に関する政府間パネル)の報告書では、世界の二酸化炭素排出量を2050年までに実質ゼロにする必要が示され、この目標を達成するためには、私たちが気候変動に気づき、行動することが大切です。

かけがえのない自然豊かな甲府のまちを将来の世代に引き継ぐため、市民と事業者及び行政が一体となって、温室効果ガス(二酸化炭素)排出実質ゼロの実現に向けた取組を進めていきましょう。

「ゼロカーボンシティ」とは
2050年温室効果ガス(二酸化炭素)排出実質ゼロとする宣言
実質ゼロとは 二酸化炭素などの温室効果ガスの人為的な発生源による排出量と森林等の吸収源による除去量を同じにすること

Adobe Acrobat Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要です。Adobe Acrobat Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

環境総室環境保全課温暖化対策係

〒400-0831 甲府市上町601番地4

電話番号:055-241-4312

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る