ホーム > くらし > 保険・年金 > 国民健康保険 > 国民健康保険料 > 令和4年度の国民健康保険料納入通知書を送付しました

更新日:2022年7月19日

ここから本文です。

令和4年度の国民健康保険料納入通知書を送付しました

令和4年度の国民健康保険料納入通知書を7月15日に発送しました。

普通徴収の世帯には、納入通知書(保険料の明細)に納付書が同封してあります。
また、口座振替または特別徴収(年金からの引き落とし)の世帯には、納入通知書(保険料の明細)のみとなっております。

令和4年度の保険料率について

保険料率の決め方

本市の保険料の賦課総額(保険料として皆様から納付していただく総額)は、山梨県へ納付する国民健康保険事業費納付金や本市で見込まれる保険給付費や保健事業費を基に算出されます。その額を応能割(所得割:50%)、応益割(均等割:35%、平等割:15%)に按分し、加入者全体の前年分所得、加入人数と世帯数から保険料率を決定します。
令和4年度の保険料率につきましては、6月14日に甲府市国民健康保険運営協議会からの答申を受け、次のとおり決定しました。

令和4年度の保険料率

令和4年度保険料率

医療分保険料

後期高齢者

支援分保険料

介護分保険料

所得割

(令和3年分所得-基礎控除額※1)×

8.49/100

2.34/100

2.18/100

均等割額

加入者1人あたり

27,300円

9,600円

9,800円

平等割額

1世帯あたり

25,500円

6,700円

6,000円

賦課限度額

650,000円

200,000円

170,000円

 

※1基礎控除額:合計所得額により基礎控除額が異なります。 

合計所得額

2,400万円以下

2,450万円以下

2,500万円以下

2,500万円超

基礎控除額

43万円

29万円

15万円

0円

 

・合計所得金額が一定基準以下の場合は、均等割額と平等割額が減額されます。

・賦課対象年度が令和4年度以降の場合は、未就学児に係る医療分及び後期高齢者支援分の均等割額が5割減額されます。なお、合計所得金額が一定基準以下の場合は、減額後の均等割額から更に5割減額されます。

・世帯の中で国民健康保険から後期高齢者医療制度に移行する方がいて、国民健康保険被保険者が単身世帯となる場合は、介護分を除く平等割額が5年間は2分の1に、その後3年間は4分の3に減額されます。

 

詳しい算定方法は「国民健康保険料」をご覧ください。

よくある質問

「特によくある質問」にお探しの情報はございましたか?
上記以外のよくある質問が掲載されている「よくある質問コンテンツ」をご活用ください。
ご不明な点は、よくある質問内のお問い合わせフォームよりご連絡ください。

よくある質問入り口

お問い合わせ

保険経営室健康保険課保険料係

〒400-8585 甲府市丸の内一丁目18番1号(本庁舎2階)

電話番号:055-237-5368

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?
このページの情報は見つけやすかったですか?
このページの情報はわかりやすかったですか?

ページの先頭へ戻る